【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【バイデン政権・トランプ政権の株価上昇セクター、下落セクター】半期で250%利益で運用中のサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20201005215702j:plain

トランプのコロナウイルス発症が大きく報道され、民主党中道派のバイデン氏がアメリカ大統領に当選する事が高確率になってきました。

 この大波乱の先にはどの様な決着が待っているのでしょうか。また、どちらの候補者が勝つ場合どの様なセクターや業界が恩恵を受けるかを本日はまとめていきます。

 

【バイデン氏公約概要】

画像3

 現在、2020年秋の大統領選で当選に有力なのが、民主党中道派のバイデン氏です。彼が大統領になった際にはどの様な世界の変化が起こるのでしょうか。

 

法人税の引き上げ

 彼の発言から、IT企業や富裕層への課税強化で財源を確保し、大規模公共投資に舵を切る事が予測されています。

 バイデン氏の主な公約では、新型コロナウイルスの感染拡大により、米国は大恐慌以来の最悪の経済危機にあると訴え、雇用や産業の再建を強調しています。

 一方で、巨大IT企業や富裕層を念頭に置き、公正な税負担の必要性を訴え、課税強化を公約に掲げています。これらを財源とし、コロナショック による実体経済への経済的な大ダメージから回復させる為に大規模な公共投資に舵を切るという戦略です。

 増税規模は10年で3兆ドル超と試算されており、資産家や企業家、投資家などの超富裕層には不利益を被る為バイデン氏が当選した場合には、トランプ政権の続投時に比べ、投資金融業界には逆風が吹くと考えられています。

 公共投資にも様々なジャンルがありますが、バイデン氏は、環境インフラに力を入れると公言しており、4年間で2兆ドルの資金を投じる計画を示しています。また、製造業支援にも7,000億ドルを投じ、500万人の雇用を生み出すと主張しています。

 

◆対中政策

 米中冷戦時代と言われる現代社会において、対中政策はとても重要視されています。バイデン氏も基本的には強硬路線ですが、関税の見直しを視野に入れています。その点ではトランプ氏に比べ対中政策は緩いと言えるのではないでしょうか。

 

◆その他

 その他にも、クリーン・エネルギーや環境問題を重視し、新しい医療保険制度も新設する方針です。

 バイデン氏が勝利した場合、市場にとって、増税方針は懸念材料ですが、3兆ドル規模のインフラ投資や、関税の一部巻き戻しなどで中国との緊張緩和の可能性があることは好材料と市場では判断されるとされています。

 

【バイデン氏とトランプ氏の公約比較】 

画像2

画像1

 共和党の候補者であるトランプ氏の公約とバイデン氏の公約で最大の違いは、バイデン氏の法人税の引き上げです。

 正確には、トランプ大統領が2017年末に法人税の引き下げを成立させて以来、現代まで企業利益を大幅に改善させ、米国株式特にハイテク株を牽引した「法人税引き下げ」を、バイデン氏は撤回するという公約を掲げている点です。

 どちらかといえば、裕福な経営者や投資家、資産家などの富裕層に人気なのは共和党トランプ大統領です。トランプ自身もこの資産家に入りますので、富裕層や大企業に恩恵をもたらす政策を取ってきました。減税や規制緩和の取り組みは株価を大きく引き上げた成果であるとされていますし、トランプ氏も自身の最大の功績としています。

 しかし、比較的庶民や、賃金の低い移民系アメリカ人が指示をする割合が高い、民主党中道派であるバイデン氏はトランプ氏による法人税の引き下げが格差を広げたと主張し、コロナショックによる深刻な経済的なダメージを回復させる為には、大企業の優遇を止め、その財源で全国民の為の社会インフラの整備や、公共事業を行い、経済復活を目指すべきだと主張しているのです。

 両候補者共に経済対策に力を入れる公約を掲げており、実体経済の成長には公約公表時ではさほど遜色は無く、経済成長には両候補共に期待ができます。

 しかし一方では、金融機関や機関投資家にとっては、この法人税の引き上げが向かい風となりバイデン氏に実行された場合、株式市場には短期的には向かい風になる予想がされています。

 株式市場の今の株価は現時点での、過去未来現在全てを織り込んで株価ができています。当然将来的に法人税が上がる事は現時点では然程織り込んでおらず、現時点よりマイナス要因になる為、株価が下がる可能性が高いのです。

 しかし私の考えでは株価の下落は短期的な物になり、長期的には株価は上昇していく事を考えています。

 バイデン氏当選は絶好の押し目買いのタイミングになる可能性が高いのです。

 

【バイデン氏・トランプ氏当選期待業界】 

画像4

 この大統領選挙時では、米国の大統領選挙の結果次第で値上がりしやすい業界や業種が、値下がりしやすい業界・業種が必ず現れます。

 日本株の場合、米国株ほどダイレクトな影響は受ける事はなさそうですが、日本経済は米国経済に大きくされる構造の為、多少の影響は必ず出ます。また、米国に進出している企業であれば大きく株価や業績変化が起こる可能性があります。

 トランプ現大統領が勝利すると「石油」関連、バイデン候補が勝利すると「環境」関連企業株が注目を集め、株価が上がる可能性があります。バイデン氏の期待銘柄として、市場で一番恩恵を受けたのが9月上旬のテスラ株です。現在は調整局面となり下落傾向ですが、バイデン氏が当選した場合、更なるテスラバブル再来を起こす事が予測されます。

 また、公共事業の活発化は両候補者ともに力を入れるとされている為、「建設機械」や「ゼネコン」などのインフラ関連は、どちらが大統領になっても恩恵を受けると見られている業界です。

 中期的な各候補者の違いを見ると、バイデン氏が勝利すれば、米国はTPP(※環太平洋経済連携協定。加盟国間の関税撤廃や経済活動ルールの統一を目指すが、米国はトランプ大統領の在任中に離脱)に復帰する可能性が出てきます。

 このTPPにトランプは反対し、米国は現在離脱していますが、バイデン氏当選により、米国が戻ってきた場合、日本の工業系株式は恩恵を受け日経平均も最高値を更新していく可能性が出てきます。反対に内需に左右される業界、特に食品業界などは不利益を被るとされています。

 一方で、どちらの候補者が勝利して「中国」関連株式には注意が必要です。どちらが大統領になっても米中関係のさらなる悪化はあり得ますが、トランプ現大統領が勝利した場合には、よりリスクが高くなります。

 現在は米中の冷戦の時代に突入したとまで言われていますが、コロナウイルスによる混乱から、現状はコロナ以前に比べ少し和らいでいます。コロナが収束し、トランプの再選により、米中貿易戦争が再び燃えあがれば、製造業全般、さらには日本株全般に影響が及ぶ可能性もあります。

 その点では製造業全般に強いのはバイデン氏、金融業、ハイテク株に恩恵を与えるのがトランプ氏という図式ができ上がる事を私は予測しています。

 

【まとめ】

 いかがだったでしょうか。現代の日本の若者は政治や経済に興味のない人がほとんどだと思います。

 しかし、政治は私たちの生活に大きく関わる事であり、政治によって社会の未来の大きな方向性が決まります。 

 もし、政治を理解して未来の世界の方向性を予測する事ができれば、様々な恩恵も受ける事ができるかもしれません。

 そして政治を理解する事で、株式投資でも利益を出す事が簡単になります。皆さんも政治と経済、金融を学んで豊かな生活を目指してみてはいかがでしょうか?

 ではまた!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

  • #バイデン銘柄
  • #バイデン恩恵業界
  • #トランプ銘柄
  • #米国大統領選予測
  • #米国大統領選株価予測

【まだ米国株を握りしめているの?今、日本株が死ぬほど熱い】資金250%で運用のサラリーマン投資家が考える

f:id:earnmoneyFX:20200930231710j:plain

本日は2020年9月30日です。皆さんは現在日本株が死ぬほど熱いのをご存知ですか?

 基本的に今の日本人には日本経済について悲観的な人が多く楽観的な人はほとんどいないのではないでしょうか。

 連日連夜放送されるマスコミのネガティブなニュース、コロナショック、少子高齢化や人口減少等、を含めてみても日本経済に不安を持つのは当然です。

 しかし、一方で株価を見てみると、現在日経平均株価は23282円と、コロナショック前の最高値24000円台までほぼ回復しています。加えてそれだけでは無くここ1ヶ月間の日経平均株価の強さは目を見張るものがあります。

 下記画像は1ヶ月間の世界主要各国の株式指数の成長率ランキングです。日経平均株価の2020年8月29日から2020年9月29日までの成長率で前月比+2.87%で推移しており、アメリカやEU、中国全てマイナスに転じてしまっている中でスイスを除いて唯一上がりました。

スクリーンショット 2020-09-30 7.03.59

 これがどれほど凄い事なのか皆さんはお分かりでしょうか。今までの日本経済や日経平均株価は「アメリカがくしゃみをすると、日本は風邪を引く」と揶揄されていた様に、アメリカのダウやS&P500を少しマイナスに転じると大きくマイナスを被っていました。以前の世界的な株式市場には日米に大きな相関関係が当たり前にあり、それは覆したくても全く覆せないのが現実だったのです。

 しかし今回は全く違います。アメリカの主要株価指数が前月比でナスダックで-4.79%、ナスダックで−5.61%と大きく下がっているのに対し、全世界で日経平均のみ買われているのです。

 これは日本人として誇れる事であり、大きなグッドニュースです。

 ではなぜこの様な事が起こっているのでしょうか。また、今後の日経平均株価TOPIX、ナスダックはどうなるのでしょうか。

 そのことについて私の意見を書いて行きます。

画像7

 日本株が好調な理由は様々な要因があると思いますが、特に大きな要因は下記の様に考えています。

 『世界的な金融緩和で市場にジャブジャブに溢れて、米国市場、特にハイテク株に入っていた巨額なマネーがNASDAQ暴落により日本株市場に大きく移動し流入してきた。』

 これはどういう事でしょうか。皆さんは現在市場にお金が溢れている事をご存知ですよね?分からない人は是非過去の記事を読んでください。

 

 現在の市場にお金は有り余っています。しかし、その様な話を聞いた事がある人がほとんどでしょうが、実際に給料として反映されて実感した人は限りなくゼロに近いと思います。ではお金がジャブジャブに市場に溢れているのになぜ私たちの給料に反映されないのか。

 その答えは簡単です。株式市場、金銀プラチナ、不動産等に流れているのです。

 実際に、全世界の株式市場に大暴落を引き起こした、コロナショックからの回復には様々な要因はあるもののこの理由が大きく寄与しています。

 そして、世界の株式市場のコロナウイルスによる大暴落からの回復の要因をより細かく見てみると、間違いなくGAFAMを筆頭とした、NASDAQの株価上昇があります。実際にはコロナショック前までの水準はとうに超えてしまい、2020年9月1日に過去最高値12,000ドルを超えていました。その後利確の売りや空売りが入り一時期15%程度暴落をしました。その後暴落による株価懸念や先行きの不透明感、また11月に控える大統領選による政権交代の懸念等から中々上昇に転じていないのが現状です。

スクリーンショット 2020-09-30 18.59.31

 そんな中、日経平均株価はどうでしょうか。下の画像は日経平均株価の1年足チャートです。2020年8月までの日経平均株価のチャートは米国株が下がれば大きく下がり、米国株が上がれば少し上がるという相関関係があるのがお分かりでしょうか。この様な動きが原因で、日経平均株価はコロナ前の最高値は更新できていません。これが今までの株式相場の当たり前だったのです。

スクリーンショット 2020-09-30 19.57.57

 日足の日経平均株価とS&P500の相関係数を比較して見てみます。相関率を把握する事ができるCCというテクニカル分析があります。

 CCとはテクニカル分析の指標の一つで2つの相関係数を把握する事ができます。下の赤いグラフで0よりもマイナスに赤ベタのが位置している際に、相関率が低い、即ち逆の動きをしている事を示します。

スクリーンショット 2020-09-30 21.21.24

 基本的には歴史的にはCCはプラスに位置している事がほとんどである為、日経平均とS&P500は相関していますが、ここ1ヶ月間は過去と比較しても大きくCCがマイナスに転じているのです。

 もっと細かく2時間足で2ヶ月間を見てみます。2020年8月から約2ヶ月間で青色のグラフで表された日経平均株価と赤色のグラフで表されたS&P500指数を比較すると赤色のグラフS&P500が大きく下落しているのに対し、青色のグラフで表されたんっけい平均株価が微上昇しているのが分かるかと思います。

スクリーンショット 2020-09-30 21.14.43

 この様に現在は相関関係が崩れている事は理解できたかと思います。相関関係が強い場合や弱い場合は株価の強弱はどうなるのでしょうか。基本的に下記の様な式になるのです。

①相関関係が強い=米国株>日本株

②相関関係が弱い=米国株<日本株(2020年9月相場)

 現在は②の状態で日本株が強く米国株が弱い状態の為、米国株が伸びれば大きく上昇し、米国株が下がっても大きく下がる事はない相場という事です。

 また、投資家の巨額なマネーが日本株に資金が大移動している要因はこれだけではありません。現在の為替も大きく寄与していると私は考えています。

 現在の為替ドル/円のレートは1ドル105円代前半と、コロナショック前と比べても大きく円高に振れています。ここまでドル安円高に振れると、投資家や資産家、機関投資家等はドルを売り円を買う動きが活発になります。

スクリーンショット 2020-09-30 22.46.57

 当然彼ら投資家はドルを円に交換するだけで無く、その円で買え、且つ増えそうな物に円を変える、即ち日本株を買うというロジックになったと私は考えています。

 そして、米国やEU 諸国よりもコロナの感染者人数も少ない点や、コロナショックによる株価指数の回復が米国や中国に比べて遅い点も市場から回復の伸び代が未だに残っていると判断された要因であると私は考えています。最近ではバフェットが日本の5大商社株を保有したというニュースもありますし、消去法にはなりますが世界各国に比べれば一番安全で伸びる見込みがあるのが日本株となるのです。

 私自身、この様な市場の大きな変化を受けて、TOPIX不妊治療銘柄2銘柄の買い足しと、PBR1倍以下のメガバンク株の追加購入をして、ポートフォリオを組み直しました。

 もしかしたら米国株一辺倒の時代が終わりを迎え、失われた30年と言われた日本株が目を覚ますかもしれません。

 歴史を見ても日本という国は外部要因に助けられ大きく飛躍していく国です。もしかしたら今回のコロナショック の様な外部要因を味方につけてまた大きく飛躍する事もあるかもしれません。

 皆さんはどうお考えですか?

 

 

 ではまた!!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

【オプション取引 プロトレーダーがリスクヘッジで使う技術】資金250%で運用中サラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200928215702j:plain

 本日は投資中級者から投資上級者やプロトレーダーがよくヘッジ(リスク分散)として使用するオプション取引について記事を書いて行きます。オプション取引について理解できれば、投資に必ずついて回るリスクを減少させる事ができ、使い方によっては突然の大暴落にも備えることができたり、大きな損失を回避する事もできます。

 オプション取引をマスターし、自分の投資に組み込む事は投資の幅を広げますし、私個人としては勝率を上げることもできると思っています。

 今回の記事を見ることでオプション取引についての基礎知識を学ぶ事ができます。

 

オプション取引とは】

画像4

 

 皆さんはオプション取引をご存知でしょうか。最近のニュースでソフトバンクが多額の資金を米国株のオプション取引をしていた疑惑があると報じられました。これは全く悪いものではなく、単に金融商品に健全に投資をしていただけの話であり、むしろ投資をする私からするとさすが孫正義氏であると思いました。

 ではソフトバンクがしていたであろうオプション取引とはなんなのでしょうか。

オプション取引とは

 理解しやすい様に、まずこの言葉の意味を理解すれば分かります。

 オプションとは「権利」の事であり、オプション取引とは、原資産(日経平均株価TOPIX等の指数に連動した商品)をあらかじめ定められた期日に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で買う、または売る権利を取引する事を言います。

 原資産を買う権利のことを「コールオプション」、売る権利のことを「プットオプション」といいます。

 オプションの買い手は、オプション代金(プレミアム)を支払って権利を保有します。オプションの売り手は、プレミアムを受け取ることによって、買い手が権利行使したときにそれに応じる義務を負います。

 ここで重要なのは、オプションの買い手は、オプションの売り手は買い手が権利を施行した際には売り手は必ずその価格で取引を行う義務が生じるという点です。義務ですので当然義務を放棄することはできません。

スクリーンショット 2020-09-28 21.01.49

 上記図の様に半年後に10000円で日経平均株価を買う権利をオプション料500円で購入した場合、半年後の日経平均株価の金額が10500円以上でその差額が利益、10500円以下の場合、最大損失500円となります。

 オプション取引では、コールオプションの「買い」と「売り」、プットオプションの「買い」と「売り」の4種類から選択することができます。

 

スクリーンショット 2020-09-27 9.14.22

 

◆権利行使のタイプ

権利行使のタイプには大きく2つあり、

アメリカン・オプション:満期日までの期間中であれば、いつでも権利行使が可能なオプショ ン

●ヨーロピアン・オプション:満期日にのみ権利行使が可能なオプション

があります。


オプション取引の取引期限】

オプション取引の取引期限

 指数オプション取引の商品には、取引できる期限(期日)が定められています。これを限月(げんげつ)といい、取引を行なう際には、この限月を選んで取引します。簡単にいえば、その決められた限月にポジションは必ず決済されるという事です。

 オプション取引の満期日は各限月の第2金曜日(休業日の場合は順次繰上げ)、取引最終日は満期日の前営業日です。

 満期日には、SQ(エスキュー)と呼ばれる特別清算指数値が算出され、権利を行使するか、放棄するかの基準となる価格となります。

 

オプション取引の決済方法】

 オプション取引の決済方法としては、

1.反対売買、2.権利行使、3.権利放棄 の3つの方法があります。

 この取引決済方法について説明して行きます。

-----------------------

1.反対売買

 取引最終日までなら、反対売買(買建の場合は転売、売建の場合は買戻し)によっていつでも決済ができます。

2.権利行使

 日経225オプション、TOPIXオプションの買い手は、満期日のみ権利行使ができます。
 取引最終日までに反対売買せず、イン・ザ・マネー(コールなら「権利行使価格<SQ値」、プットなら「権利行使価格>SQ値」)で満期を迎えた場合、自動的に権利行使したとみなされ、権利行使価格とSQ値との差金決済となります。

 売り手は権利を行使されると、それに応える義務があります。


3.権利放棄(消滅)

 オプション取引の買い手は、権利行使しても利益にならない場合は、権利を放棄することになります。
売り手は、買い手が権利を行使しない場合、売ったときのプレミアムが利益として確定します。


オプション取引の損失と利益の流れ】

画像5


◆オプションの買い手は損失限定

 オプションの買い手は、権利行使しても利益にならない場合は、権利を放棄することができるので、買い手が被る損失額は支払ったプレミアムに限定されます。

 コールオプションの買い手が見込める利益は、理論上無限大となり、プットオプションの買い手が見込める利益は、理論上原資産の価値がゼロになるまで増大します。

 一方、オプションの売り手は、この関係が逆になり、利益はプレミアムに限定されますが、コールオプションの売り手の損失は、理論上、無限大となり、プットオプションの売り手の損失は、理論上、原資産の価値がゼロになるまで増大することになります。

 

スクリーンショット 2020-09-28 17.16.22

コールオプションの損益具体例】

 コールオプションの具体例を数値で見てみましょう。

コールオプションを簡単に復讐すると、

①あらかじめ決めた満期日(限月)までに、

②あらかじめ決めた価格(権利行使価格)で、

③「買う権利(コール)」、または「売る権利(プット)」を、

④○○○円というオプション価格で売買すること。(○○○円が株価と同じように変動します)

を言います。

 

 実例を挙げてみてみます。

(例)日経225オプション ①2020年7月末限 ②権利行使価格 23,000円 ③コール ④300円(オプション(権利)の価格)で保有し満期が来た場合を想定します。

 この場合、「2020年7月の満期日までに、23,000円で買う『権利』(オプション)を300円という価格で売買する」しくみです。
この「300円」は株価のように変動します。前述の通り、満期日のことをSQ日と言い、その満期での価格23000を「SQ価格」といいます。

 この期日までの日経225の価格は当然変動して行きますが期日に結果的に下記①と②のパターンの価格になったと考えます。

 損失と利益の考え方は下記の様になります。

Ⅰ.権利執行日(2020年7月末)に日経225の価格が24,000上昇した場合、の実際の利益は、

①24000円-(コスト300円(オプション価格)+23000円(権利行使価格))

=700円/1株(利益)となります。

 

Ⅱ.権利執行日(2020年7月末)に日経225の価格が22,000で下落した場合、の実際の損失は、オプションを放棄する事ができ、放棄をすればそれ以上の損失は生まれません。したがって、

②=-300円/1株(利益)となります。

 

オプション取引のメリット】


◆リスクが限定される

 買い手については、損失は支払ったプレミアム(に限定この場合、思惑が外れても支払ったプレミアム以上の損失は生じません。


レバレッジ効果
 少額の資金で大きな利益を出す事が可能です。 原商品の価格より少額のプレミアムでその商品の取引と同様の利益をあげることができます。


◆多種多様な取引戦略
 短期売買のポートフォリオにオプションを組み込む事で先物や現物との組み合わせる事で、リスクヘッジや、ハイリターンを狙う組み方など、使用用途は様々です。相場に応じて戦略を組み替える事で通常のトレードのリスクを抑える事ができるのが大きなメリットです。

 

オプション取引のデメリット】

◆買い手のデメリット

 最初にプレミアムを支払っているため、同様の先物取引を行った場合と比較して、損益分岐点がプレミアム分不利になります。

 先物取引同様、取引に期限があるため、期限内に自分の予想通りの値動きをしなければ損失になります。

 先物取引に比べ、損失が限定的なのが大きなメリットですが、損益分岐点がプレミアム分高くなるのがデメリットになるのです。


◆売り手のデメリット

 利益はプレミアム分に限定され、かつ損失は無制限といえます。

 売り手は権利を行使するか放棄するかを選ぶことができない為、買い手が権利行使した場合はその権利を受ける義務があります。

 ですのでよっぽどの事がない限り、私は売りで取引を行う事はありません。

 

【まとめ】

 いかがだったでしょうか。オプション取引は複雑にですが、理解できればあなたの投資の武器になる事は間違いありません。

 またオプション取引の戦術には様々な方法がある為、マスターした際には億万長者も夢ではないと思っています。

 その様々な方法についても、次回以降記事を作成さて行ければなと思っています。

 また本日投稿したこの記事の内容だけでも、現物取引先物取引と組み合わせるだけで期待値を変化させる事ができます。ぜひとても奥が深く魅力溢れる世界ですので勉強してみてください。

ではまた!!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

【ETF・投資信託の購入判断ができるシャープレシオ】資金250%で運用中の投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200922125115j:plain

 近年、個人投資家の投資ブームが起こっており、株式投資は高配当株式を保有して寝かしておくべきという考え方を発信している人が多いです。確かに高配当ETFへの積立投資はお勧めですし、投資素人が個別銘柄を選んで安定したリターンを狙うよりも難易度はとても低い投資法です。

 しかし、ETF投資信託の数は腐る程あります。どの様にこの金融商品を選べば良いのでしょうか。

 本日はその判断方法であるシャープレシオについて記事を書いていきます。

 

【投資のリスクとは】

 突然ですが、投資でのリスクについての概念はどの様なものになるでしょうか。

 これは変動率のことを表します。変動率や振れ幅が大きければ大きいほどこのリスクが高いという事になります。

 この変動率は振れ幅の事を標準偏差といいます。例えば、A社とB社の株価100円の時に購入して、110円に値上がりしたとします。

 2株とも結果としては株価100円だった物が110円になってはいますが、110円に行き着くまでの価格の変動は必ず違います。

 例えば、A株とB株が下記の様な株価の推移であったとします。

◆A社の株価推移:100円→50円→90円→40円→110円

◆B社の株価推移:100円→104円→107円→110円

 この場合、A社とB社のどちらの株を所有したいですか?おそらくB社の株が欲しい人が多いと思います。その理由が標準偏差が低い安定した銘柄である為です。

 A社の株の場合一時的ではあるとはいえ、一時的に資産が半分になってしまっていますし、その際の投資家の不安は計り知れません。できればB株の様に購入スタート時から右肩上がりの株を取得したい投資家が殆どではないでしょうか。

 この様な投資のリスクと標準偏差シャープレシオを考える上で理解すべき大前提となります。

 

シャープレシオとは】

画像1

 それでは本題です。今回の投資で負けない為の知識、シャープレシオとはなんでしょうか。

 シャープレシオとは投資信託を選ぶ時によく用いられたり、個別銘柄をどの様なポートフォリオ保有するかを考える際の指標の一つで、

 投資のリスク(価格変動)の大きさに比べてどれだけリターン(収益率)を得られるか、運用効率の高さを示します

 米国の経済学者のウィリアム・シャープ氏が考案したことから、その名がつきました。

 数値が大きいほど運用効率が良いとされ、一般に1を超える投信は優秀と言われています。数値の大きさから、投信や株のポートフォリオ(資産構成割合)が取るリスクに見合うリターンを上げているかをチェックして、相対的に評価します。

 計算方法は投資のリターンから国債利回りなどリスクのない資産のリターンを引いたうえで、リスクで割ります。今は超低金利が続いているため、単純に投資のリターンをリスクで割って求めることができます。

 

シャープレシオの求め方(計算式)と具体例】

 それではどの様なシャープレシオが良いのでしょうか。具体例を用いながら説明していきます。

 シャープレシオは下記計算式で求められます。

計算式:シャープレシオ=(平均利回りー無リスク資産利回り)÷標準偏差

・平均利回り:

 平均利回りとは、「最終的に得られた利益の総計」の元本に対する割合を、1年あたりの平均値に直したものです。 

 例えば日経平均平均の場合の平均利回りはアベノミクス以降約4%/年でしたので平均利回りは4%になります。

 ・無リスク資産利回り:

 無リスク金利は、「リスクフリーレート」とも呼ばれ、理論的にリスクがゼロか、極小の無リスク資産(リスクフリー商品)から得ることのできる利回りをいいます。一般的には、元利金の支払いが保証された預貯金やインターバンクの短期金融商品国債などの金融商品の利回りのことをいい、通常、マーケットでは「インターバンクレートコールレート等)」や「国債」の利回りなどを指すことが多いです。

 この計算式に乗っ取り計算する事で、シャープレシオ(運用効率)を求める事ができます。

 

 例えば、

投資信託A:標準偏差(リスク)が10%で、リターンが10%、

投資信託B:標準偏差(リスク)が30%で、リターンが15%

の場合、どちらを選ぶ方が運用効率が高いでしょうか。

 一見、リターンの高い投資Bの方が優位に見えますが、同時にリスクも高くなっています。先の計算方法で2つの投信のシャープレシオを比較すると、

投信A:10÷10=1に対し、

投信B:15÷30=0.5 になります。

 この数値から、投信Aの方がシャープレシオが高い、即ち運用効率が高く優れている事が分かります。

 

シャープレシオの活用方法】

 上記がシャープレシオの考え方ですが、一概に全ての投資家がこのシャープレシオを重視して投資をすれば良いわけではありません。

 このシャープレシオの考え方はあくまで、長期投資をした際にリスクが少なく安定的に収益を伸ばす指標です。即ち短期でリスクを取って爆発的に資産を増やしたい個人投資家には不必要な考え方なのです。

 老後の資金をETFや、投資信託を長期投資で運用するにあたって選択する際にシャープレシオの高い商品を選択する事をお勧めします。

 投資をする際に、株式や債券などリスクの大きさが異なる商品を同列に比べることはできません。しかし、シャープレシオを使うとどの商品に投資すれば、自分の資産運用に適切かどうか、判断をしやすくなります。シャープレシオモーニングスターなど投資情報会社のサイトなどで確認することができます。

 皆さんもぜひこのシャープレシオを用いて投資を行ってみて下さい。

 

ではまた!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

【高確率で爆益!??個人投資家にお勧めIPO投資とは】資金250%で運用のサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200917145521j:plain

 ここ最近個人投資家が増加しています。私ももちろんその一人ですが、本日は個人投資家にお勧めのIPO投資についての記事になります。

 IPOとは、未上場で今まで株式非公開であった企業が、株を市場に公開し売り出し、誰でも株取引ができるようにする事です。日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」、もしくは単純に「上場」を指す事もあります。

 このIPOは資金の少ない個人投資家に私はお勧めします。本日はメリットとデメリットも交えながらお伝えします。

 


【1.IPOとは?】

画像1

IPOとは

 IPOとは企業が資金調達や知名度の向上などを目的として新規に株式を上場し、不特定多数の投資家に発行株式を公開する事を指し、

Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)の頭文字をとった略です。

 

IPOの目的

 IPOの目的は、それまで非公開だった株を公開し、金融市場から広く資金を調達することです。未上場企業が証券取引所に上場すると、より多くの投資家たちの目に留まります。その結果、巨額の資金を集める事のハードルが下がるだけでなく、会社の知名度が向上するので優秀な人材の確保などにも繋がるのです。

 IPO後には、社内体制を整備し、定期的な会社情報の開示やIR戦略を議論する必要があります。IPOの実施によって企業行動やパフォーマンスが大きく変わる可能性が高いのも特徴になります。

 イメージとしては、今まで経営者の独断で経営ができていたものが、IPO株主が経営に口出しできる様になる為経営方針は従来とは変わる可能性が大きくあります。

 

◆日本のIPOと海外の比較

 海外の主要株式市場では、世界的に有力な企業や有望な企業の新規公開が相次いでいます。日本のIPOアメリカに比べて数は少ないものの、リーマンショック後を除く1990年代以降から活発に行われているのです。

 有力企業の新規上場は、今後も相次ぐと考えられています。金融緩和による金余りの状態が続くなか、新規公開株式は投資家の注目を集めているのです。

 

【2.IPOのメリット】

画像2

 それではこのIPO投資にはどの様なメリットがあるのでしょうか。今回は3つのメリットを紹介します。このIPO投資は投資の中では勝率は他の投資商品に比べて勝率が高いのが特徴です。

 

①大きな利益を出すことが望める

 企業にとってのIPOの目的は「資金調達力の向上」です。前述のとおり、IPOは専門的な知識がなくても投資しやすいため、企業はより広くの投資家から出資を募れます。

 また近年ではAIやビッグデータSNSフィンテック関連企業など将来性の高い企業の上々も増加しており、その真新しい物への期待感から多くのIPO株は公募価格より初値(上場してはじめて付く価格)のほうが高くなるため、IPOは投資家にとっても大きな利益を得やすいのです。

 

②少ない資金でも投資できる

 銘柄(証券取引所に上場する新規株式の総称)によっては、通常の株式と比べて一株あたりの価格が低く設定されているIPO株もあります。つまり投資家は、少ない資金でもIPO投資ができるのです。

 私の様なサラリーマン兼個人投資家の様な元から資金が少ない人には、通常の株式投資に比べ資金のハードルは低いのです。

 

③損失が比較的少ない

 損失を出すリスクが低い点もIPOのメリットです。IPO株は株式投資の一種ですので、公募価格よりも初値が下回る「公募割れ」や、上場後の荒い値動きによる損失リスクなどが生じる危険もあります。

 投資の損失を少なく抑えるには、企業の事業内容や将来性を見ながらリスクの高い企業を避ける、買い注文が集まらず公募割れになりそうなIPOを避けるなどの対策が投資を成功させます。財務諸表を把握して成長性や収益性を見ることは必須になります。


【3.IPOのデメリット】

画像3

 初心者でも失敗しにくく利益が出やすいと評判で人気のあるIPOですが、株式投資の一種である以上デメリットももちろん存在します。

 思わぬ損害を出してしまったなどといったリスクを回避することは投資家としては当たり前です。そんな事態を招かないよう、IPOのデメリットやリスクについて把握する事をお勧めします。

 

①長期での株価パフォーマンスが悪い

 IPOは、上場すぐの株価は上がる傾向がありますが、反対に長期での株価パフォーマンスは悪い傾向にあります。よっぽどの優秀な企業でないと長期で見ても上昇する優良株にはならないのです。上場後、年数を重ねるにつれて初値を下回り、株価が下落する企業も数多くある為、IPOの戦略としてはよっぽどの見込みがある企業でなければ超短期投資をお勧めします。

 また、これは企業側のデメリットになりますが、IPO後の経営者は、株価を上げ続ける使命を背負います。業績向上や企業価値向上へのプレッシャーが生まれるため、自社の戦略をどうアピールし、どのように実現していくかの企業力が上場前と比べて投資家に問われる為、経営者の気苦労は絶えない事でしょう。

 

②IR活動の責任

 これはIPOをする側の企業のデメリットになりますが、継続的に資金調達を行うためには、投資家向けのIR活動が必要となります。経営状態や財務状況が分からない、業績や今後の見通しが明らかでない、そんな企業に投資し続けたいと思う投資家はいません。そして投資家にとって投資をしたいと思わせる様な企業であり続けなければなりません。

 経営者はIR活動を通して、企業のさまざまな情報を開示しなければなりません。IR活動に対応するための人員や組織の整備にかかる負担が小さくない点も、IPOのデメリットです。

 上場審査をパスして公開企業になるためには、制度構築や人員確保、ドキュメントの作成などさまざまな内部管理体制を構築する必要があります。

 決算公告や有価証券報告書の法定開示、投資家へのIR活動やコーポレートガバナンス・コード(企業統治ガイドライン)の公開など、なかには人やモノ、金にかかるコストが年単位で発生する場合もあるのです。

 そしてこれらのすべてにコストがかかる為、上場前と比べて利益は減る傾向にあります。

 

③株をすべて売却できない

 これもIPOをする側の企業のデメリットですが、IPOの企業はすべての株を同時に売却できなくなります。

 確かに事業が成長し続け、市場に評価され続ければ利益は上がります。しかしよくも悪くも、上場企業は株主を選べないため、経営上の支配権が維持できず、経営の自由度は大きく下がり、時代の流れが早い現代社会のビジネス界で取り残されてしまう事もあるのです。

 

【まとめ】

 IPOのメリットは多くあり、個人的にはローリスクでミドルリターンを期待できる投資であると思います。そして、投資の高度な知識は特に必要ないのも大きなメリットであると思います。当選さえすれば大きな利益を得られ、かつ少ない投資資金でも参加でき、損失を出すリスクが低いのです。

 その代わりIPOに当選する確率は高くない為、他の投資をしながら、期待できそうなIPO企業があれば片手間で応募し、当たればラッキーぐらいの感覚で行う事をお勧めします。

 私もその様な楽なスタンスでノンストレスで行っています。皆さんもぜひやってみてください!

 IPOを数多く扱うネット証券は上記から!

ではまた!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

【株式分割は暴騰のシグナル?】資金250%で運用中のサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200905141822j:plain


2020年8月にApple株式分割決定が世間を騒がせました。この株式分割は企業にとっても投資家にとってもメリットが多い制度でです。

 もしあなたが保有している株式が分割される場合には、得をする可能性が極めて高いです。実際に私が唯一日本株保有を決めた銘柄『綿半ホールディングス』も取得3日で株式分割が決まり、株価の爆上がりを見せてくれています。

 しかし一方で、株式分割には気をつけなければならないポイントもあります。株式分割を行う側、株式分割を受ける投資家側、それぞれの視点からの見かたは異なります。

 本日は、その株式分割の仕組みを解説していきます。

 

株式分割とは】

 株式分割とは、読んで字のごとく「株式」を「分割」することである。数値で見てみます。例えば、仮に1株2000円の株式を保有しており、「1:1」で分割することを企業が決めた場合、あなたが保有している株数は1株から2株に変更になります。

 しかし、今まで1株2000円だったものが2株で4000円になるわけではなく、2株で4000円と、資産上の変化は全く起こりません。言い換えれば、資本金を変えずに、1株を細かく分割することを指すのです。株式分割とは企業による新株発行の分類の一つの事です。

 このように、株主に対し無償で株数の保有を増やすことになることから、「株式無償割り当て」とも言われます。基準日に株主名簿に記載されている株主が対象となります。

 株式分割は、企業、投資家にとってメリットとなる場合が多く、主なメリットとしては株価が上がりやすく、企業側からの視点で見る場合では、全体の資本が増加しやすくなります。

 

画像1

株式分割のメリット】

 

 なぜ株式を分割する必要があるのでしょうか。これには、大きく2つのメリットがあります。

 先ほどの例で言えば、1株2000円の株が「1:1」で株式分割となった場合、株価は1000円に下がる事になりますが、取引可能株数も2倍に増加する事になります。

 これはどういうメリットがあるのかを解説いたします。

◆メリット①:株式の流動性が高まり株価の上昇が起こりやすい

 発行済株式数が増えることになるため投資家の売買がしやすくなり、流動性を高めることができます。仮に株価が高い状態で膠着状態にある企業の場合、流動性を高めることでさらに株価を上げ、資本を増やすことも可能となるケースがあります。

 1株当たりの株価が下がれば、これまで高くて手を出せなかった個人投資家の買いが集まりやすくなり、株価の上昇にもつながります。株式分割は値上がりしすぎて買い手が付きにくくなった株の流動性を高めるなどの目的で行われます。

 

◆メリット②:株価が安くなり、投資層も広くなる可能性が有る 

 そのほかのメリットとしては株価が安くなる事が挙げられます。その為、より多くの人がその企業の株を購入できる機会が与えられるというメリットがあります。すなわちその企業の株に投資する人の増加をはかることが可能になるのです。

 今まで株価の高い状態では、目を向けていなかった投資家たちの注目を集めることができ、それによって、分割前よりも、全体としての資産が増加させる事も企業側の目的の一つなのです。

 

 

メリット③:保有株式枚数が増える為、配当金・優待も増える可能性が有る 

 株式を保有していれば、配当金を受け取ることができるのは周知の事実です。もし、株式分割を行う企業が配当金額や優待条件を据え置いた場合には、その分配当金や株主優待を受け取る事ができる保有株数が増える事になりますので、その恩恵も株式分割割合に反比例して享受できる可能性があるのです。

 

メリット④:株式売買の決定の幅が広がる

 さらに、株式分割は今まで保有していた株数が増えることになるので、一部を売却し、一部を保有し続けるといった自由度が高まるという点もメリットになります。

 例えばある日本の個別銘柄を100株しか持っていなかった場合、全て売却するか、所有するかの2択しかありません。しかし、もし仮に株式分割が1:1で起こった株式の場合は200株保有している事になりますので、100株売却し、100株そのまま保有しておくという選択肢が増えるのです。

 

 

株式分割のデメリット】

 株式分割はメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。

 例えば、「株式分割バブル」という言葉があります。これは、元々の目的であった株価の上昇、資本の増加が行き過ぎてしまう状態です。株式分割を利用し、株価の上昇を大幅に吊り上げるようなことが何度も繰り返されれば、信頼部分での不安が残ることになります。

 株式分割に伴い、業績も上がっていくことが理想ですが、うまくはいかない企業も実際は多くあります。その様な企業が株式分割をした場合、一時的には株価が上昇する場合もありますが、長期的には下落する可能性が高いです。

 また、一時的な高騰により、高値掴みとならないよう気を配る必要があります。いずれの場合にも、株式分割が決まったのであれば、あらゆる面で情報を集める事をお勧めします。

 いかがだったでしょうか。株式投資、FXの知識を付けたい方は是非フォローといいねをお願い致します。

 株式投資を始めたい方は下記から!

 ではまた!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

【不動産投資を始める前にREIT投資? 資産を守りながら増やすREITファンドとは】資金250%で運用中のサラリーマン投資家による

 個人的な予測ですが、現在の金融市場や経済状況から推察すると、日本の都心部の地価はまだまだ上がって行く事が予測されますし、ましてや海外の都心部の不動産価格の上昇は日本の比ではない事が考えられます。

 その様な事を加味して現物不動産投資を行いたい人や興味を持っている人は多くいると思いますが、現物不動産投資を行うには資金繰りのハードルが高く簡単にできる人はあまりいませんよね。

 資金がなくても不動産投資の恩恵を受ける事ができる方法、それがREITという金融商品に投資をする方法です。

 本日はそのREITについて解説していきます。

画像1

REITとは】

REITとは

 REITとは多くの投資家から集めたお金で、オフィスビルやマンション・商業施設など複数の不動産を購入し、その賃料収入や売買益を投資家に分配する金融商品の事です。

  REITは「Real Estate Investment Trust」の略で、米国で誕生しました。REITには様々な種類があり、世界各国に投資するものや、商業施設の不動産に投資するもの、倉庫などの物流用不動産に投資するものなど、様々なものに分かれています。

 日本のREITは、JAPANの「J」をつけて「J-REIT(ジェイ・リート)」と呼ばれています。

 REITの仕組み

 REITは投資家から集めた資金をもとに不動産を購入し、賃貸運用や売却で出た利益を分配しています。 REIT運用する不動産投資法人が実質的な運用を行うことは法律で禁止されているため、資産運用会社と資産保管会社、事務受託会社に業務が委託されています。

 結論、多くの投資家から集めたお金で、オフィスビルやマンション、商業施設、ホテルなどを購入し、賃料収入や売買で得た利益を投資家に分配する金融商品の事です。

 

REITファンドとは

 REITファンドとは、複数のREIT分散投資して運用する投資信託のことです。複数の不動産に分散投資できるのがREITの魅力ですが、その特徴をさらに追求して分散効果を高めたのがREITファンドなのです。

 

REITファンドのメリット】

画像2

 REITファンドの主なメリットは、以下の3つです。

①少額から不動産投資できる

 私も不動産投資を将来的には考えていますが、実物の不動産投資は数千万円から数億円の資金が必要になる為、まだ実行できていません。この様に不動産投資は資金のハードルが高いのがデメリットですが、反対にREITは少額から複数の不動産に投資でき、最低数万~数十万円の資金で投資が可能です。

 また、REITファンドなら通常の投資信託と同じように1口1万円程度から購入でき、ネット証券を利用すれば100円から購入することも可能で不動産投資へ間接的にローコストで投資ができます。

 私がもっとも便利だと思うのは、少額から金額を指定して購入できるので、積立投資ができることです。不動産投資で毎月コツコツ買い付ける積立投資ができるというのは、大きなメリットではないでしょうか。

 

②安定的な分配金が狙える

 REITの主な収益源は賃料収入です。賃料収入は株価のように大きく変動しないので、REITを投資対象とするREITファンドでも安定的な収益を得ることが可能です。

 また、日本のREITの場合、運用利益の90%超を分配金として投資家に分配すると、法人税が実質的に免除される仕組みがあり、この効果によって投資家はさらに分配金が得やすと言えます。

 REIT銘柄を選ぶ際の注意点としては、分配金の高さや利回りだけでなく、「トータルリターン」で判断する事が大切です。トータルリターンとは、基準価額(投資信託の値段)の騰落に分配金の実績を加えたものです。いくら分配金が高く設定されているものは、株価が右肩下がりに下がっているものも数多く存在します。過去のチャートから分析をして、金融危機や経済危機の際に下落率が低く、安定した価格の銘柄を所有し、分配金を狙って行く事をお勧めします。

 本来の実力以上に分配している場合、基準価額が下落し、トータルリターンはマイナスになると言う事は数多くあります。

 海外REITファンドのなかには分配金利回りが10%を超えるものも多くありますが、かならずトータルリターンを確認して銘柄選びは慎重に行う事をお勧めします。

 

③海外の不動産に投資が行えて且つ為替差益が狙える

 REITが取引されている市場は、日本国内だけでなく全世界にも投資をする事ができます。海外の不動産市場に気軽に投資できるのもREITファンドの特徴です。

 日本の人口は減少しており、地価が上がりにくい地域も数多くありますが、人口が増加している米国や東南アジアなどは日本に比べて当然地価の価格が上がりやすい地域になります。

 現物の不動産投資の場合、海外の物件に投資するには様々な障害やリスクが生じる為、人脈や高度なビジネススキルを要し、高確率で詐欺などに遭う為、とてもリスクの高い投資になります。

 その様なリスクを取り除き、安全に投資対象として魅力的な国や地域に日本にいながら投資ができる事こそが最大のメリットなのです。

 海外REITファンドは数多くの種類があり、運用のプロが不動産市況を見ながら組み入れるREITを厳選するアクティブタイプ、米国のREIT指数に連動するインデックスタイプもあります。さらに欧州やアジアのREITに投資する商品もあるなど、世界中の不動産に投資できるのです。

 海外REITファンドの「為替ヘッジなし」タイプに投資を行えば、インカムゲイン(配当)とキャピタルゲイン(株価の差益)はもちろんの事、加えて為替差益も狙う事が可能で、言ってみれば3要素で利益を狙う事ができます。

 円高のときに海外REITファンドを購入しておけば、将来円安になったときに為替差益も一緒に得られる期待ができるのです。

 

REITファンドのデメリット】

画像3

①価格変動リスク

 REITは株式と同じように取引されているため、日々価格が変動します。REITの値動きは通常の投資信託よりも大きいと言われ、株式投資の中ではハイリスクハイリターンの商品と言われています。世界的な低金利が続くなか、機関投資家は利回りが期待できる商品としてREITを多く購入しており、ボラリティも高い商品が多いのが特徴です。

 ファンダメンタルズ(国や経済などの経済状態)とは関係なく、機関投資家の大口取引によって値動きが左右される可能性があるという点には注意が必要です。

 

②為替リスク

 メリットで紹介した通り、為替差益が狙える反面、為替リスクも当然あります。海外の不動産を投資対象としている海外REITファンドは、為替相場の変動次第では為替差損を被る恐れがあります。為替差損の発生を抑えるためには、「為替ヘッジあり」を選択する方法がありますが、別途手数料が発生するので注意が必要です。

 REITファンドのリスクをできるだけ回避するには、同じ商品内容の投資信託を選ばずに、投資地域を分散することです。複数の地域のREITファンドを保有していれば、一つの投資信託が値下がりしても、ほかの投資信託でその値下がりをカバーできる可能性があります。

 ただし、海外REITファンドといっても組み入れ銘柄の地域配分はさまざまで、地域別のパフォーマンス格差も大きいことから、投資信託を選ぶ際には、各ファンドの地域配分の特徴を把握することが重要です。

 とくに「グローバルREITファンド」と名前がついていても、米国REITの組入比率が5割超となっているファンドが多いことから、ほかの地域とのバランスを意識してポートフォリオ(銘柄の組み合わせ)を考えるようにすべきです。

 

③コストがかかる

 REITファンドは投資信託なので、販売手数料や信託報酬といった手数料が発生し、REITに投資するよりもコストがかかるという点がデメリットです。REITファンドを選ぶ際には手数料が安い投資信託を選んだ方が、利益を多くできます。

 また、REITファンドは毎月分配型が主流ですが、分配金は支払われるたびに税金がかかります。税金はコストになるので、少ない方が利益は多くなります。最近では分配頻度を抑えた商品も増えているので、将来に向けた長期での資産形成のためには、分配頻度の少ないファンドを選ぶ事が必要です。

 

④あくまでも金融商品の為不動産の現物は手に入らない

 REITファンドはあくまでも投資信託であり、金融商品です。不動産投資の配当利回りの恩恵は受けられますが、当然ながら不動産の現物は全く手に入りません。

 マンション投資などの不動産投資の場合、ローンを組めば頭金無しでも始める事は可能ですし、かつうまくいけば毎年のリターンを出しながらもその不動産も所有できるというメリットがあります。

 しかし裏を返せば、現物不動産投資の場合、変な不動産をローンで購入してしまい、入居者が全く入らずに家賃収入が入らなければ、大きな負債を抱えてしまい再起不能に陥ってしまうというデメリットも同時に抱えているのです。  

 

【まとめ】

 REITファンドは、国内外のREITを投資対象とする投資信託です。個別のREITを買うよりも少額から投資でき、複数のREITに投資するので分散効果もあります。

 また、国内だけでなく海外のREITにも気軽に投資できるという魅力があります。ただし、値動きは決して小さくありませんし、海外REITは為替リスクにも注意が必要です。

 少額から投資をはじめ、複数のREITファンドに分散投資してリスクを抑えた運用をお勧めいたします。

 

 REITを始めたい方はSBI証券がお勧めです。もちろん口座開設はタダですよ!

 ではまた!

 

 

 

[http:// :title]

[http:// :title]