【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【不況でもお金を守りながら増やす事ができる最強銘柄紹介】半期で資金250%で運用するサラリーマン投資家が教える

 先日発表された統計では、日本の2020年度4~6月期の実質GDPは、前期比年率27.8%の減で戦後史上最大の落ち込みとの事で、実体経済のV字回復には程遠く、上場企業の決算もとても悪いとこが多く、実体経済は間違いなく不景気に突入しています。

 実体経済が不景気に突入した反面、株や金などの金融商品はV字回復しており金やダウなどは過去最高の最高値を更新して、金融市場はバブル状態になっています。

 当然、今後の株価や金融商品の価格を予想し確実に当てる事はできません。しかしコロナウイルス第二波の真只中の今、また第一波のコロナショックの様な株価大暴落がいつ来てもおかしくないと考えて対策するに越した事はありません。

 本日はコロナショック第二波に備え、不況下でも暴落しにくいむしろ株価が上がりやすい銘柄をご紹介いたします。

 

【ディフェンシブ銘柄とは】

画像4

 不景気に強い銘柄は「ディフェンシブ銘柄」と呼ばれ、業績や株価の安定性も高い事が特徴で、暴騰は少ないが、下げ幅も少ない銘柄を言います。

 景気は良い時と、悪い時のタイミングが10年周期で来ると言われています。バブル崩壊、ITバブル崩壊リーマン・ショック、そして今回のコロナショック と約10年毎に大きな経済危機が起こっています。この様に、経済危機を何度も乗り越ては、暴落し乗り越えては暴落しを繰り返して、現在の世界経済が出来上がったのです。

 この様に大きな景気の流れはあるにせよ、景気後退を予想し、暴落を避けて株式に投資することはほぼ不可能といえます。

 そんな中でも今回ご紹介するディフェンシブ銘柄の場合は、コロナショックの様な暴落や、今後の悲観されている経済状況でも株価に影響に左右されにくく安定した収益を実現できます。

 このような銘柄を、自身のポートフォリオに組み込む事はこの不安定な現代を生きる投資家にとっては必要不可欠であると言えます。

 

【ディフェンシブ銘柄の特徴】

 ディフェンシブ銘柄は外部要因に強いことが特徴として挙げられます。

 外部要因とは、為替の変動、貿易相手国など景気動向、資源価格、要人発言などです。例えば、米国の大統領トランプのツイッターなどがその代表的な例で、彼が一言呟くだけで、株価や為替が大きく変わります。

 しかし、ディフェンシブ銘柄の企業はあまりその様な外部要因によってが株価に大きな影響を与えることがありますが、ディフェンシブ銘柄はそのような要因に左右されにくい特徴があります。

 たとえば生活必需品である食品、医薬品、電力、ガスなどの業界が該当し、景気が良くても悪くても常に需要があり続けるため、株価も安定します。人間が生きるのに最低限必要不可欠なものは、いくら景気が悪くても需要は落ちにくいのです。

 

【ディフェンシブ銘柄のメリット】

 自身のポートフォリオにディフェンシブ銘柄を保有することで、リセッション(景気後退局面)に対する備える事ができます。

 不景気になると大半の企業の業績が悪化する為、当然株価も下落し配当も減配する企業が多く出ますが、ディフェンシブ銘柄は安定した配当金を出してくれることが多いです。

 また景気に敏感な銘柄と組み合わせることで、ポートフォリオの安定に繋がります。

 景気に敏感な株がリセッション時に株価が下落しても、ディフェンシブ銘柄はその損失を補ってくれるため、ポートフォリオの安定化に繋がります。

 投資の基本は分散投資です。分散しトータルで見て利益を出していく事がとても重要なのです。

【景気に強い業界】

画像5

 それでは具体的にどのような銘柄がディフェンシブETF銘柄となるのでしょうか?

 実一般的には下記業界が恐慌や不況に強い銘柄といわれています。

・小売り
・社会インフラ
・通信
・食品
・ヘルスケア

 これらの業界は景気がどんなに悪くても生活に必要なものがほとんどで、需要が落ちにくい事が不況に強い銘柄といわれる所以です。今回はこの5つの領域の中でも、私がお勧めする米国ETFやそのポートフォリオに含まれる代表個別銘柄を紹介いたします。

 

【お勧めディフェンシブ銘柄3選】

画像6

【小売り:RTH(ヴァンエック ベクトル小売ETF)】

◆小売セクターETF:RTH(ヴァンエック ベクトル小売ETF

 リセッション時であっても、人々は家庭用品、食品などの必需品を購入する必要があります。そのためそのような製品を扱う小売り業は、リセッション時にも株価が安定します。

 このETFは米国で上場している小売業最大手25社の全体的なパフォーマンスを追随する様に設計されているETFで、過去の歴史を見ても、今回のコロナショック下においても、下落率が少なく安定して株価が成長しているETFになります。

 

◆RTHポートフォリオ内代表銘柄:ウォルマート(WMT)

 アマゾンが先導するeコマースの拡大にも関わらず、ウォルマート(NYSE:WMT)は米小売業界でトップの座を維持しています。

 2019年6月までの12カ月間の売上高は5,180億ドルで、アマゾンの売上の2倍以上です。ウォルマートは近年、オンラインショップをかなり改善し、同社の増収率はこの10数年で一番伸びています。堅調な業績に加え、ウォルマートには割安な商品の品揃えという強みが安定した株価の上昇を引き起こしています。

 今後も同様の展開になると想定する場合、ウォルマートはリセッション対策として十分機能するとみられています。

スクリーンショット 2020-08-21 20.07.53

 株価を比較ししても業界最大手のウォルマートよりも、ETFであるRTHの上昇率の方が極めて高い事が分かります。

 業界的にも安定しており、好調でハイパフォーマンスな企業が多い業界である事を意味します。

 これだけ好調に株価が上昇してしまうと買いで入るのが難しいですが、長期的に保有するのであれば常に買い時であると私は考えています。

 

【通信:VOX 米国通信サービスセクターETF

◆通信:VOX 米国通信サービスセクターETF

 インターネットが爆発に普及している現代社会において、景気後退時にもスマホやパソコンなどを使用し、インターネットアクセスをやめることは絶対にあり得ません。

 そのため通信業界も今ではとても景気に強いディフェンシブ銘柄でありながら、かつ業界的に成長企業が多く、暴騰すると言う現代社会において最強の銘柄になっています。

 このVOXは、「MSCI USインベスタブル・マーケット・通信サービス25/50インデックス」に連動するETFで、米国の通信サービスセクターの大型株・中型株・小型株に投資しています。

◆VOXポートフォリオ代表銘柄

 VOXは、比率1位のアルファベットと2位のフェイスブックだけで全体の3分の1を占め、インタラクテブ・メディアおよびサービス全体では43%も占めています。

 また、ウォルト・ディズニーやネットフリックスといった映画・娯楽関係も全体の14%を占めており、ベライゾンAT&Tといった総合電気通信サービスを上回っているETFになっています。 

スクリーンショット 2020-08-21 21.52.26

  やはり、今一番強いGAFAMの個別銘柄のパフォーマンスとVOXのパフォーマンスを比べてしまうとどうしても見劣りしてしまいますが、不景気でも暴落せずに株価が上昇している事を踏まえると、かなり安定して資産を増やしていける投資先になるETFです。

 

【食品:VDC バンガード®・米国生活必需品セクターETF

食品:VDC バンガード®・米国生活必需品セクターETF

 過去のチャートから分析すると食品株は、相場下落時に市場リターンを上回る傾向があります。

 景気後退時になると人々は一般的な消費を控えますが、基礎的な食事を減らす事はできません。厳しい経済環境下では人々は高額の買い物を控えますが、その一方で小さな買い物を増やす傾向があります。

 MSCI USインベスタブル・マーケット・生活必需品25/50インデックスをベンチマークしたETFで、 米国の生活必需品セクター株式銘柄で構成されています。
 このセクターは、食品・飲料・タバコの製造業者・流通業者のほか、非耐久 家庭用品・パーソナル用品の製造業者など、傾向的にそれほど景気循環に対 して敏感でない業種の企業で構成されています。

 

◆食品:VDCポートフォリオ代表銘柄

 VDCの構成銘柄はP&G(PG)、フィリップモリス(PM)、ペプシコ(PEP)、コカ・コーラ(KO)、アルトリアグループ(MO)、モンデリーズ(MDLZ)といった企業が並びます。

 アルトリアグループはフィリップモリスの米国内製造販売企業、モンデリーズはクラフトフーズの海外部門です。オレオ、ナビスコ、トライデントといったブランドを保有しています。これらの企業は元は同じフィリップモリスでした。

 この様な一般消費者がよく手にする企業や認知されている企業がポートフォリオのほとんどを占めています。

スクリーンショット 2020-08-21 22.08.02

 パフォーマンスとしても15年間で約2.2倍になっており、今回紹介するETFの中で一番暴落がしにくく安心できるETFです。

 

【まとめ】

 いかがだったでしょうか。この様に不景気でもしっかりと株価が上昇する銘柄は意外とあります。

 実体経済のいく末が不安定である為、現在好調な株価も暴落するか分かりません。

 いつ何時でも、例え株価が暴落してもいい様にポートフォリオを組み事をお勧めします。

 また今回お勧めしたETFは長期投資の積み立て投資と相性が良い銘柄です。これを機に積み立てを始めてみてはいかがでしょうか。

 長期積立投資は私はSBI証券を使っています。

  銘柄も多く、積み立ての日時を自分で設定でき、手数料が安く最適です。

 投資で人生を変えましょう。ではまた!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

  • #不景気に強い銘柄
  • #コロナショック株価上昇銘柄
  • #不景気株価上昇銘柄
  • #不景気お勧めETF
  • #不景気でも勝てる株式投資

【コロナショック の様な株式相場大暴落でも利益を上げる方法 空売り】資金250%で運用中のサラリーマン投資家による

株式投資では、買った株の株価が上昇した際には当然利益を得る事ができますが、下落相場でも下落を予想できれば、利益を上げる事ができます。

 これを『空売り』と呼びます。この空売りをマスターさえすればコロナショックの様な大暴落相場でも莫大な利益を上げる事ができます。実際に莫大な利益を出す投資家のほとんどはこの『空売り』で利益を出しています。

 株式投資初心者の方はこの空売りに抵抗があり、株の普通取引しかやらない人もいると思いますが、この空売りをトレードに組み入れる事で、どんな相場でも利益を上げる事ができます。

 今回は、株式投資初心者に向けて空売りの仕組みや特徴、メリット・デメリットを解説します。

 

目次
1.株式投資空売りとは
2.空売りの取引方法
3.株式の空売りを行うメリット
4.株式の空売りに伴うデメリット
5.空売り注文の流れ
6.まとめ


【1 株式投資空売りとは】

画像4

 空売りとは、株が値下がりすると思われる際に利益を出す為に用いられる、対象物の価格が下落していく局面でも取り引きで利益を得られる手法です。

 空売りは、投資対象である現物を所有せずに、対象物を(将来的に)売る契約を結ぶ行為です。

 自分の手元にはない株式を、証券会社を通じて借り、証券会社で保有していた株を借りた株を売りに出します。そして、さらに値下がりをしてから買い戻し、利益を出す、というのがおもな仕組みです。

 空売りを行う際には、その株式の値段が下がれば下がるほど利益を出せる事になります。しかし、それに反対に、予想に反して値上がりした場合には、損失も大きくなるので、注意が必要になります。

 また、この仕組みでの注意点は前述した通り、一定期間後に売る契約を証券会社と結んでいる為、半年以内に買い戻さなければならないというルールがあるという事です。

 

【2 空売りの取引の方法】

 初心者がまず株式投資を始めた際に行う方法は、現物取引がほとんどであると思います。現物取引の場合、実際に企業の株式を購入し、インカムゲイン(配当益)を狙いつつ、株価が値上がりした際に差益を狙い売却するのが主流の方法です。

 反対に今回の空売りの場合は、通常の買いから株価上昇を狙う取引とは逆に、対象の銘柄が値下がりする事を狙って取引します。

 イメージが湧きにくいと思いますので、今回は1株1000円の銘柄を例に、空売りで利益を得る流れを下記します。

空売りで利益が出る場合】

◆ショート:1株1000円の時に100株分の売り注文を入れる
◆ロング :1株800円になった時に買い埋め注文を入れる
◆利益  :10万円-8万円=2万円が売却益となる

空売りで損失が出る場合】

◆ショート:1株1000円の時に100株分の売り注文を入れる
◆ロング :1株1200円になった時に買い埋め注文を入れる
◆損失  :10万円-12万円=−2万円が売却損となる

 

画像1

 このように、空売りは下落相場にある時や、これから株価が下がると見込まれる銘柄を見つけた時に有効な注文手段となります。今回の様なコロナショックの大暴落相場でも利益を出す事ができる最高の方法です。

 

【3 株式の空売りを行うメリット】

画像2

続いては、株式の空売りを行うメリットについて紹介します。

◆メリット①:下落相場でも利益を上げられる

 空売りは株式の価格が下落することで利益を得られる取引ですので、下落相場が続く状況でも株式投資で利益を上げる事ができます。

 株式投資では必ず下落相場が訪れるので、下落の最中は現物取引のみでは「投資しない」という選択肢しかないこともほとんどです。現物取引では、買い注文からしか取引できない、即ち株価が上昇する際にしか利益を出せない為です。

 しかし、あなたがもし空売りのノウハウを持っていれば、投資をしないもしくは、空売りを行うのどちらの選択肢を得る事ができ、行ってしまえばどんな局面や経済状況でもトレードで利益を狙う事ができる様になるのです。

◆メリット②:株価下落時の現物株の損失を抑えられるヘッジとして利用可能

 たとえば現物取引で現物株を購入し上昇を狙ったとします。しかし、株は予想通り動く事ばかりではありません。その際には当然含み損が発生します。

 現物取引のみで運用している場合は、再び価格が上昇するのを待つか、価格の底を予想してさらに買い増すか、損切り(損失が拡大する前に保有銘柄を処分すること)するか、といった選択になります。

 この際に、空売りを同じ銘柄、もしくは類似銘柄、類似ETFなどで仕掛ける事によって、空売り銘柄の含み益により現物株による含み損の拡大を軽減することが可能になります。ヘッジファンド機関投資家などはこの空売りを現物株のヘッジとして取り入れているとも聞きます。

 

◆メリット③:短期間の取引に向いている

 空売りは性質上、短期間での取引を行っている方に向いてい流といいます。一般的に株価は、市場や株価の期待や楽観が起こった際に上昇し、先行きの不安や恐怖に対し、現物株を手放す人や空売りを仕掛ける人が多くなればなるほど、下落していきます。

 一般的に株価の上昇は下落に対しゆっくり上昇していき、反対し下落は急に急降下する場合がほとんどです。

 即ち空売りをマスターすれば短期間で大きな利益を上げる事ができる様になるのです。下落相場に乗った、スキャルピング(数分で取引を完結)やデイトレード(1日で取引を完結)で利益を得やすい傾向があるのです。

 ただし空売りでは短い期間で利益を狙えるぶん、同じだけ損失を抱える可能性もあるため、くれぐれも注意が必要です。

 

【4. 株式の空売りに伴うデメリット】

画像3

次に、株式の空売りに伴うデメリットや、リスクについて解説します。当然、メリットがある反面、デメリットも存在しますし、一般的に空売りは、現物取引に対しリスクも高いので、どちらかと言えば中級者以上向けの注文方法ですのでデメリットも把握する事がおおすすめです。

◆デメリット①急騰相場での損失リスク

 空売りでは、売り注文を入れた時点の価格よりも値上がりした場合に損失が膨らみます。また、短期間で値上がりを記録する急騰相場では、損切りのタイミングも難しく、リスクの高い状況になります。現在の相場は日銀の介入や、世界的な金融緩和で株式相場は長期的には上昇トレンドですので、空売りの長期保有は個人的にはお勧めしません。

 空売りは、例えば今回のコロナショック 下の様に株式市場全体が下落している状況や、業績予測に対して赤字決算となっている個別銘柄などに投資する事をお勧めします。

◆デメリット②:損失の幅が無限大

 空売りを敬遠される投資家もいますが、その理由の1つは、買いから始める取引とは利益率に違いがあるからです。

 現物株での取引や信用取引の買いでは、値上がりによって利益を得られる仕組みとなっています。したがって株価の上昇は、理論上青天井で制限はありません。たとえば1株100円の銘柄が、10倍や100倍も狙えるの可能性があります。

 反対に投資した企業が倒産した際には最大で0円になるだけですのでマイナスになる事はありませんし、当然借金は負いません。

 一方、空売りは下落相場で利益を得られる取引です。空売りの損失は、空売りエントリー価格に対し、2倍以上株価が上昇してしまった場合、上昇に応じ無限大になりますし、もしその様な事があれば追償金を払わなければならないのです。

 反対に空売りの利益の場合は、その企業の株価は0円より下回ることはないので、利益率は100%が限界となります。

 つまり、結論としては、

利益の上限が限られている一方、損失は無限大に膨らむ可能性がある

ということなのです。 

 

◆デメリット③:金利コストなどがかかる

 空売り信用取引ですので、金利コストがかかります。銀行からお金を借りると金利を払わなければいけませんよね?それと同様で、証券会社から株を借りても、金利が発生するのです。

 また買い注文と違い、逆日歩(ぎゃくひぶ)分のコストも支払わなければいけない可能性もあり、注意が必要です。空売り金利コストは証券会社から借りている株から発生し、貸株料と呼びます。利率は証券会社によって異なるのが特徴です。一方、証券会社が貸し出ししている株式が不足した場合、証券会社は機関投資家などから株式を借りなければいけません。そして、証券会社が借りた株を投資家へ貸し出す際、空売りを行っている投資家から貸し出し料として徴収しているものが逆日歩です。

 証券会社が貸し出す株が不足している限り、逆日歩の負担が続き投資家にとって負担が大きくなる状況となってしまう事があります。

 証券会社へ株を貸し出すこの貸株制度は、現物を保有していれば個人投資家でもできます。詳しくは下記ブログを読んでみてください。

 

 

【5 空売り注文の流れ】

 空売り注文を行うためには、利用している証券会社にて信用取引口座を開設し、その信用取引口座へ証拠金を入金する必要があります。証拠金とは、証券会社に対して担保として預ける自己資金のことです。

 口座開設がすめば、空売りの対象銘柄を探し、信用売りで数量や指値等を入力し発注手続きを行います。銘柄によってはこの空売りができない銘柄もありますので、チェックしてみて下さい。

 約定後は、返済買いで株の買い戻し取引を行います。返済買いの注文は、新規売りと同じく数量や価格、注文方式を選択する仕組みになります。

 

【まとめ】

 いかがだったでしょうか。株式投資を行うにあたってこの空売りは勝率を上げる必須の知識とノウハウだと思います。

 株価は上昇と下落を繰り返して上昇していきます。どのタイミングでも利益を上げる事ができれば、資産を大きく増やす確率も上がります。

 今回の様なコロナショック の大暴落で資産を激減させた人がいる一方、大儲けをした投資家がかなりの数いるのです。

 空売りは下落相場でも利益を得る可能性を作れたり、急な値動きで短期的に利益を取るのに向いていたりするメリットがあるのです。

 しかしその一方で、現物取引や信用買いよりもリスクやコストが高いのでうまく自分のトレードに組み込んでいくことをお勧めします。

空売りを始めたい方はこちらから!

 

ではまた!

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

【バカは今と将来のお金の価値の違いを理解していない 投資を始めなければならない理由】資金250%で運用中のサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200811225331j:plain

 皆さんは今のお金の価値と、将来のお金お価値が変わる事を理解してますか?おそらくあまり気にした事がない人がほとんどだと思います。お金についての知識を持つだけで、今から貴方がすべき事がわかると思います。

 今回のこの記事を読めば、預金の危険性と投資の必要性を理解する事ができます。

【今の100万円の価値は将来の価値に換算すると確実に減る】

 

画像4

 例えば、あなたが100万円を貯めたとします。おそらく、その100万円は行きたいところに旅行も行かず、好きな物を食べるのを我慢して必死に節約して貯めたお金でしょう。

 しかしこの必死に貯めた100万円をもし銀行預金にしていたり、定期預金や保険などに変えていた場合、年々減少しているのです。

 この様な知識は投資やファイナンスにとって必須の知識です。この考え方を「現在価値」と言い、その考え方をご説明します。

 「今の100万円」と「1年後の100万円」の価値まは違うという事を理解する事は投資をする際だけでなく、生活を送る際にもとても重要な事です。

「現在価値」を理解するために、まずはイメージしやすい「将来価値」について理解する必要があります。

 たとえば今、みなさんが100万円を持っているとします。1年後には、その100万円の価値はどれくらいになっていると思いますか?

 また10年後、20年後のお金の将来価値はどのくらいになっている事がが予測されるでしょうか。今手元にあるお金は、将来どのくらいの価値になるのかと言う考え方が将来価値と現在価値の考え方です。

  結論としては歴史的な事実と、この通貨当局がお金の流通量を調整する管理通貨制度が続き、変動相場制が続く限り、時が経てば経つほどお金の価値は減少して行きます。

 

 この考え方を理解する質問でこの様な質問があります。

「あなたは、今100万円をもらうか、10年後100万円をもらうかどちらがいいですか?」...という質問です。.

 おそらくほぼ100%の人は今100万円を受け取ると回答するはずです。

 これは本能的に、人間は将来に100万円受け取るより、今100万円を受け取る方が『得』である事を理解しているのです。

 そして『得』=『価値が高い』という事なのです。

 

【お金の将来の価値が減る理由その1『金利』】

画像5

 なぜお金の価値は将来になればなるほど価値が減るのでしょうか。その理由や要因はたくさんありますが、今回は主要な要因を説明します。

 その理由の1つとして『金利』があります。  

 お金が必要な際に銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる場合、利子をつけて返す必要がありますよね。一般家計からすれば、借金をするタイミングは住宅ローンを借りる場合や、車を購入する場合、奨学金を借りる場合など、タイミングは多くはありませんが、企業からすれば、無借金経営の会社は少なく毎年銀行などの金融機関から運転資金を借りて返済を行っています。

 この様に、お金を借りる事で、現在の企業活動や一般家計が成り立っており、この資本主義経済においてお金を借りるという行動は必須となっております。即ち、金利においても、この現代社会の経済活動において必ず発生するものとなっているのです。 

 もし仮に金利がまったく付かない経済システムであったとすれば、100万円の価値は10年後も、20年後も100万円のままです。

 しかし、実際にはお金を借りた際には必ず金利がつきます。

 仮に金利を2%とすれば、今の100万円は1年後に102万円になるのです。

 バブル当時はゆうちょ銀行に普通預金を預けた際に、5%で利子を受け取る事ができました。

 以前に比べれば、金利は低くはなってきているものの、現在は普通預金だと0.002%の金利がついて返ってきますし、住宅ローンなどを銀行で借りた際には変動金利型で2.475%程度の金利が必要になります。バブル当時に住宅ローンを組んでいた人は金利8%を超えていたなんて今になっては信じられないですね。

 当時はお金を借りたい人が多く、それほど景気が良かった事を意味します。

スクリーンショット 2020-08-10 11.00.09

 結論としては、金利がつく世の中が続くのであれば、今のお金の価値と未来のお金の価値を比べた場合には時間が経てば経つほど価値は減っていくのです。

 例えば、今回の様に金利2%で計算した場合、

「今の100万円=1年後の102万円」の価値になる事が理解できたと思います。

「100万円の1年後の価値」の計算からわかるように、「将来価値」というのは金利をかける事で計算でき、この様な金利は元本のみにつくのではなく、2年後、3年後は金利を含めた全体に対しまた、その年の金利がつき、『複利』で増えていきます。

 

【お金の将来の価値が減る理由その2『インフレ』】

画像6

 

 お金の将来の価値が下がる理由は金利だけではありません。

 2つ目の理由としてはインフレがあります。

 インフレとはインフレーションの略の事で、私たちが普段買っている日用品やサービスの値段(物価)が上がることをいいます。

 例えば、15年前のアイスの価格で考えてみて下さい。当時は100円だったものが、今では120円を超えていませんか。これもインフレが原因です。

 他にも、何年ぶりかで買ったお菓子の値段が同じだったとしても、容量が少なくなっていた、小さくなっているのに気付いた事はありませんか?

 実際に多くの商品が価格を維持する代わりに容量を少なくしています。カントリーマームに関しては約66.6%減になっています。

画像2

 この様な価格は据え置きで、容量を減らす手法は日本企業によくあるインフレをごまかす手法で、日本の消費者は特に値上げを嫌い、値上げをした会社を嫌う傾向がある為、容量を減らす事で実質の値上げを行っているのです。

 この様にインフレは年々進んでおり、物価は将来的に益々上がっていく事が予想されます。

 『物の価値が上がる事をインフレ』といいますが、裏を返せば、『通貨の価値が下がる事をインフレ』というのです。

 

日本銀行が目指すインフレ率】

 この物価が上昇し、通貨価値が下落するインフレですが、皆さんが住んでいる日本という国に、インフレを加速させようという動きがある事を知っていますか?

 国の国策として通貨の価値を下げようとさせているのです。これには理由がありますが本日は割愛します。

 結論としては、日本銀行は、消費者物価の上昇率(インフレ率)を年2%とする「物価安定の目標」を掲げ、目標の実現に向けた金融政策を行っています。

 これは裏を返せば、現金の価値を1年間で2%ずつ下げようとしているのと同意です。

スクリーンショット 2020-08-11 20.30.05

 上記図は日本の実際のインフレ率です。上記グラフの様に実際のインフレ率は目標の2%には届いてはおりませんが、着実にお金の価値は減少していっています。


【インフレ率を考慮した翌年の現在価値の計算方法】

 この様に、政府が掲げたインフレ目標通りインフレが進んでしまった場合、現金の価値はどうなるのでしょうか。

 インフレ率が2%の場合の「1年後の100万円」を現在価値に直すといくらになるかを考えてみましょう。

 100万円を(1+2%)で割る事で現在価値を求める事ができます。

 この場合の計算式は、

100万円÷(1+0.2)=98万392円となります。

インフレ率がもし仮に5%だった年が出た場合は

100万円÷(1+0.5%)=約95万2380円になります。

 100万円で5万円弱目減りしているのですから、1000万円預金がある人は50万円弱、1億円の預金がある人は500万円も資産が目減りしているのです。1年間でこんなにも現金の価値が目減りする事を知っていましたか?

 上記の例は1年間の期間の話です。これが仮に50年後の場合どうなるでしょうか。

 

【インフレ率を考慮した50年後の現在価値の計算方法】

 この場合、50年後のお金の価値を計算する場合、複利で考えます。将来価値が相当減ってしまう事を是非知っておいて下さい。

 50年後の100万円は今だといくらでしょうか?


 たとえば、インフレ率が2%を継続する場合を仮定し計算してみます。

例えば、インフレ率2%/年で3年後に受けとる100万円の現在価値は

◆100万円÷(1.02³)=94万2,507円、

5年後に受けとる場合なら、

◆100万円÷(1.02⁵)=90万5730円となります。

100万円を50年後に受けとる場合、その現在価値は

◆100万円÷(1.02⁵⁰)=37万1527円という事です。

 

 年間2%のインフレで計算して、約30%の価値になってしまいます。2% /年のインフレ率でこの現金価値の下落率ですので、今後の不安定な世界経済や少子高齢化などの問題山積みの日本経済を加味すると、インフレ率は高まる可能性は十分に有り、もっと酷い現金の価値の下落率になるのではと私は危惧しています。

 今、老後の為や将来のためにお金を貯める事はとても重要な事ですが、預金だけでは全く意味を成さない時代に、むしろ損をして毟り取られてしまう時代になっていると言う事です。

 この様な現金の価値の下落についても理解した上で、預金をし、預金をした物を投資に回していく事が重要であると私は考えます。

 いずれにせよ、「時は金なり」という言葉の本質にはこの様な意味が含まれているのかもしれませんね。

 いかがだったでしょうか。預貯金の危険性、投資の必要性について理解いただけたでしょうか。

 投資を始めたい方は下記から始めてみては?

 口座開設はもちろん無料です。

ではまた!

[http:// :title]

[http:// :title]

  • #投資をすべき理由
  • #投資インフレ対策
  • #株式投資必須知識
  • #インフレ預金影響
  • #預金危険

【株価青天井銘柄! 積立投資にお勧め米国ETF5選】資金250%で運用中のサラリーマン投資家による

 現在私の投資手法としては短期売買で米国株式、FX、国内株式投資、長期投資で米国ETF、債権、コモデティ、という棲み分けをしています。

 私が米国ETFを長期投資で積み立てている理由は、分散投資が可能、手数料が安い、インフレ対策など様々ですが、米国ETFは長期投資には打ってつけの金融商品であると考えています。本日は、長期投資におすすめ銘柄を紹介します。

  ETF投資のメリットは昨日の記事を書きましたので確認してみてください。

 

目次
1,おすすめ米国ETFアメリETF)5選
2,購入するときの3つのポイント
3,まとめ

【おすすめ米国ETFアメリETF)5選】

画像6

おすすめ米国ETF1:「バンガードS&P500ETF【VOO】」

◆特徴:バンガードの中でも最も経費率が安い

 米国の主要業種500銘柄で構成される株価指数、S&P500に連動する様に設計されたETFです。経費率の低さで定評のあるバンガード・グループの商品の中でも最も経費率が低いETFとして知られ、世界的に人気の高い米国ETFです。

 株価指数のS&P500は米国の主要業種を代表する大型株500銘柄で構成されている指数で、米国株式市場の値動きを反映しています。

 このS&P500の銘柄は様々な条件によってスクリーニングされ決定します。スクリーニング条件には、時価総額流動性、浮動株の比率や、業績などが含まれており、条件を満たす企業の中からセクターのバランスを加味したうえで決定されます

 このVOOに投資することは、S&P500構成銘柄すべてに分散投資する事と同意になります。

 余談にはなりますが、つい最近ではテスラモーターの株がこのS&P500に入るのではないかという期待から、株価の暴騰を引き起こしました。このS&P500に入った銘柄の出来高や取引額はこの様なETF(上場投資信託)を通した売買も含まれる為株価の上昇を引き起こすとされています。

スクリーンショット 2020-08-08 12.46.51

 VOOの株価は上記画像の通りです。2010年に上場して以来右肩上がりで2020年8月上場から307.36%で推移しており、現在最高値を絶賛更新中の銘柄になります。2010年にこの銘柄を買った方は資産が3倍以上になっているという事です。たった10年間で3倍です。おそらくこの株価は長期で見れば右肩上がりで進んでいく事は間違い無いと私は考えています。

 

おすすめ米国ETF2,「バンガード米国高配当株式ETF 【VYM】」

◆特徴:大型株中心の高配当株式で構成

 このVYMは、「FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス」株価指数に連動する投資効果を目指して作られたETFです。対象銘柄は、予想配当利回りが市場平均を上回る大型株(REITは除く)が中心です。

 ポートフォリオは大型株中心なので、長期にわたって安定的に分配金を獲得したい人に適しています。株価の変動によるキャピタルゲインはそこそこに、かつ配当を目的とするインカムゲインを重視した投資手法をとる投資家にとって最適なETFになります。

スクリーンショット 2020-08-08 12.57.38

 水色がお勧めETF1で紹介したVOOですが、比較してみると株価の上昇という意味では少し劣っています。しかし、投資先が大企業ですので、暴落し難いというメリットがありますので、資金の評価額の下落率を抑えて、配当を得たい長期投資家にお勧めです。

 

おすすめ米国ETF3,「バンガード米国トータル債券市場ETF」【BND】

◆債券対象でリスクが小さい

 対象のインデックスは、ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックス(市場加重型債券指数)で、米国における期間1年超(平均残存期間は5~10年)の投資適格債券市場全体のパフォーマンスに連動する投資成果を目指しています。

 対象銘柄が債券なので、株式の下落相場においても変動幅が小さい。リスクをできるだけ抑えながらポートフォリオを組みたい際に、投資比率を高めるべきETFです。

 今回の様なコロナショック などの金融危機や経済危機時にリスク回避の安全資産として買われる傾向があります。株式以外の資産に資産分散する際の有力候補になるのでポートフォリオの1〜3割程度をこの債権にするといった使い方がお勧めです。

スクリーンショット 2020-08-08 15.47.04

 値上げり率はVOOやVYMに比べてかなり低いのが分かります。10年間で上昇率は僅か14%です。債権の特性上、大きく増えはしないが資産を守る事ができるというのがこのBNDの特徴です。

 

おすすめ米国ETF4,「SPDR S&P 500SPDR トラストシリーズ1【SPY】」

◆S&P500連動タイプで最も歴史がある

 S&P500をベンチマークとして、同様の利回りや価格のパフォーマンスを目指したETFです。S&P500と同ETFの対象銘柄は、24の独立系産業グループ(セクター)にまたがる大型株500銘柄です。

 S&P500をベンチマークとするETF流動性が高いので、売りたい時に売ることができる流動性がメリットです。米国を代表するS&P500に連動するETFとしては米国で最も古く、人気のある銘柄です。

スクリーンショット 2020-08-08 16.15.28

 基本的には右肩上がりで、2010年から見ると右肩上がりで株価は10年間で3.34倍にもなっています。

 

おすすめ米国ETF5位:「ヘルスケア・セレクト・セクター SPDRファンド【XLV】」

◆コロナショックで改めて強さを発揮したディフェンシブ銘柄

 ベンチマークは、S&P500指数を構成する企業の中からヘルスケアセクターの銘柄を選定した「S&P ヘルスケア・セレクト・セクター指数」です。組み入れ銘柄は、ジョンソン&ジョンソン、ファイザー、ユナイテッドヘルスグループ、メルクなど大型ヘルスケア銘柄が多いのが特徴です。

スクリーンショット 2020-08-08 17.16.32

 今回のコロナショック で明確に分かったのは、ヘルスケアや食品系の企業の底堅さだと思います。好景気の場合は製造業や、IT系に注目されがちですが、不景気や今回の様な予期せぬ世界的な大事件が起こった際に強い企業は生活用品等の生活必需品を扱う企業です。成長率としても約10年間で3.3倍とあまり注目されない中でも底堅く安定して顕著に伸びていっているのがこのXLVの特徴です。コロナショックを通じて、ヘルスケアの重要性に気付いた投資家達はこの分野に積極投資をしています。

 

2, 米国ETFアメリETF)を選ぶ3つのポイント】

 上記であげたETFは本当に代表的な物の一部になります。この他にももちろん素晴らしい商品はいくつもあります。多くの米国ETFの中から特定の銘柄を選ぶ際は、以下の3点を確認して判断する事をお勧めします。

1,経費率は安いか

 投資初心者や米国株初心者は、米国ETFの主なコストである経費率が安い銘柄を選ぶことが大原則です。

 米国ETFで資産形成をするにあたっては、為替手数料など国内株式にはないコストも発生するので、常に低コストを心掛けて運用したい。

 

2,流通量が多い銘柄か

 ETFのメリットの1つは、価格変動を見ながらリアルタイムで取引できることです。このメリットを最大限活かすためにも、日々の出来高が多い銘柄を選ぶ事をお勧めします。出来高が少ないと、思い通りのタイミングで取引できないことがあり、指値注文が滑る事もあり、売買したいタイミングで決済されない可能性もあります。

 

【まとめ】

 米国ETFポートフォリオは、それぞれに特徴がります。
自分の投資スタイルに合ったETFを皆さんも見つけてみて下さい。いずれにせよ、現金がジャブジャブに溢れているこの時代には投資は必要不可欠です。これを機にETF投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 行動したものだけが未来を変える事ができますよ。僕が使っているSBI証券はこちらから。ETFの積立投資が一番しやすいと思います。

 

 

ではまた!

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

【ETF投資とは 知らないとヤバい株式投資で勝つ為の必須知識】資金250%で運用中サラリーマン投資家

f:id:earnmoneyFX:20200807214032j:plain

 皆さんはETFについてご存知でしょうか。ETFへの投資は個別株を買うよりリスクが低く、機関投資家ヘッジファンドなどプロ中のプロがが行なっています。

 このETFをしっかり理解し投資先のポートフォリオに織り交ぜる事でリスクをしっかり減らし、利益を上げる事ができます。

 

ETF(上場投資信託)とは】


 ETFとはExchange Traded Fund の略で、日本語では「上場投資信託」といいます。

 ETFを理解するには投資信託について理解する必要があります。大前提として、ETF(上場投資信託)と投資信託は全く別の商品という事を理解してください。

 『投資信託』の場合は、運用会社(委託会社)の運用者(ファンドマネジャーまたはポートフォリオマネジャー)が様々な株の銘柄や金融商品を組み合わせて、独自に作った商品になっています。そして当然、その運用会社で作った商品ですので手数料が高めです。投資信託の場合、それを買えば様々な金融商品分散投資が勝手にできる事がメリットです。株式投資はリスクが高く損失も大きい為、リスクをあまり負いたくない人に人気なのがこの投資信託です。

 それでは、上場投資信託ETF投資信託とは何が違うのでしょうか。このETF(上場投資信託)は上場している投資信託です。上場をするという事は、売買がほとんどの証券口座であっても誰でもでき、市場価格を確認しながら、リアルタイムで株のように取引ができます。

画像1

 売買の方法も、株式投資を行ったことのある方にはなじみのある”成行(なりゆき)”や”指値(さしね)と言った、株式投資の様に売買したい価格になった際にトレードをするといった手法が使えるのも特徴です。

 また、ETFも普通の投資信託同様で1銘柄に投資をすれば、勝手に分散投資がなされます。言ってみれば、ETFは株と投資信託の両者の性格を併せ持っているわけです。

 
 ETFは、経済指数NYダウや日経平均株価などの指数に連動するように運用されている投資信託です。

 ETFには200銘柄以上の種類があり、ETFには、国内株式指数(日経平均株価TOPIX東証株価指数))に連動する商品以外にも、外国株式や債券、REIT、商品(コモデティ)等様々な種類があります。

 また国内株式であっても、規模別、テーマ別、業種別等、特定の対象に投資することもできます。

 これから伸びていくであろう業界やテーマを絞って、その業界には集中投資をし、その業界内の企業へ分散投資をする事ができるのがETFのメリットです。


ETFのメリット】

画像2


 ではなぜ機関投資家や、ヘッジファンド個人投資家はたまた日本銀行まで全投資家たちはこのETFに投資をするのか。ETFには他の投資商品に比べて大きなメリットが存在するのです。

 このメリットを理解する事ができれば皆さんは投資信託や個別株式投資からETFへ、乗り換えたくなると思います。


①少額で分散投資ができる

 ETFの投資対象となる指数は、さまざまな銘柄で構成されおり、1つのETFを持つことで、個別企業の株式に投資するよりもリスクを抑えながら分散投資することが可能です。

 個別株式投資の場合、投資先の倒産リスクや不祥事が発覚し株価が暴落するなど、とてもリスクが高く下手をすれば、株が紙屑になる場合もあります。

 その点では、このETFへの投資は、多数の企業の株価の平均値や指数に連動する為、そのETFの銘柄の株価がゼロになる事はありませんし、一つの銘柄に投資した際の下落率よりも、低くなる可能性が高いという性質があります。

 ローリスクでコツコツと資産を増やしていきたい人には打ってつけの投資商品ということになります。

 

出来高が高く市場でいつでも売買できる

 ETFは株式同様上場しているので、株式と同じように相場の値動きを見ながら、市場の取引時間中であれば、いつでも売買できます。投資信託の商品はETFに比べ何十倍、何百倍もの種類があるので、もし人気のない商品を選択肢購入してしまった際には、出来高が低すぎて、希望の価格で取引ができないという事です。この様な事が原因となって利益を減らしてしまったり、損失を増やしてしまう事は多々あります。

 ETF出来高が高く取引がしやすいメリットは、信用取引空売り、貸株等にも対応できるという点もあります。

 

③費用(手数料)が安い

 ETF投資信託であるため、保有期間中に運用管理費用として「信託報酬」がかかりますが、一般的な投資信託と比較すると信託報酬は低めの傾向にあります。SBI証券や、楽天銀行の扱っているETFの中の商品は、安いもので無料の物も存在します。

 この手数料は低いに越した事ありません。投資信託では高いもので手数料が1.5%以上のものもあり、もし、1000万円の取引を行った場合、手数料で15万円も持っていかれるので馬鹿になりませんよね?

 この手数料が少なければ少ないほど損益分岐点も下がりますので、手数料の低い金融商品を購入する事は、投資家にとって必要不可欠です。

 

③値動きがわかりやすい

 ETFは、特定の指数と同じ値動きをするよう運用されるため、値動きがわかりやすいと言えます。投資信託の場合、運用成績はファンドマネジャー次第ですので、値上がり、値下がりの根拠が分かりにくい一面があります。

 しかし、反対にETFの場合は経済指数や、株式や債券など市場全体や特定の銘柄群の動向を示すよう数値化されたものですのでETFの価格が変動した理由が分かり易いのです。

 

⑤海外資産や海外商品に投資もでき選択肢が豊富

 ETFは、日本株式だけでなく、日本債券、外国株式や外国債券、REIT不動産投資信託)、商品(コモディティ)等、様々な指数に連動する商品があります。

 日本国内だけでなく、米国市場のETFや、アジアのETFなど世界各国にもETFがあります。

 もちろん投資信託に比べれば商品数は少ないですが、ETFだけでも分散投資をするという意味では十二分に網羅できますし、個人的には自分の裁量で商品をチョイスしてポートフォリオを組む事が苦ではない人(投資中級者以上)の方にとってはメリットしかありません。





ETFのデメリット】

画像3

ETFのデメリットとしては、次のような点が挙げられます。


①価格のかい離がある

 ETFには、上場株式としての「市場価格」と投資信託としての「基準価額」の2つの価格があります。市場価格は市場の需給で決まるため、実際の需要と供給次第では、投資信託の価値である基準価額と市場価格が多少乖離する可能性があります。

 ETFは指標と連動する様に設計されているだけの商品ですので、指標と完全一致ではないという事です。

 

②自動積立投資ができない銘柄がある

 ETFは、基本的には市場価格をチェックしながら自身で売買を行うため、自動積立投資ができないことがあります。但し、一部の証券会社では毎月一定の金額で株式を買い続ける株式累積投資(るいとう)の対象銘柄となっている場合もあります。

 SBI証券楽天証券では一部のETFは自動積立投資可能な為、初心者にお勧めです。

 

③分配金が自動的に再投資されない

 ETFの分配金は、一般的な投資信託と異なり、組み入れ銘柄の配当金や利息は運用経費を差し引いて、決算時にすべて分配します(為替差益や値上がり益は分配しません)。支払われた分配金は、自動で再投資する仕組みがないため、再投資する場合は手動で買い付けを行わなくてはなりません。

 即ち、配当を再投資し、複利で投資を行いたい場合、買い付け時に再度手数料は取られてしまうという事です。

 

 いかがだったでしょうか。

 ETFについての知識が深まったという方はETF投資を始めてみては?

ではまた!

[http:// :title]

[http:// :title]

 

【ビットコインがこれから必ず2倍以上に上がる理由】資金250%運用のサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200804233322j:plain

 皆さんは最近の仮想通貨が爆上がりをしている事をご存知でしょうか。

 仮想通貨業界は過去の2018年頃にバブルが起こり、そのバブルが崩壊した後、ビットコインはゴミ同然とまで呼ばれたこともありましたが、2020年8月現在当時のバブル期の勢いを取り戻しており、ビットコインで1ビット120万円付近の値をつけています。

 私自身、ポートフォリオの中に仮想通貨は組み入れており、現在ビットコインリップルを所有しています。そのおかげで、現在含み益も増加しており、順調に資産が増加しています。

 

 そんなビットコインですが、今後の相場はこのまま上がり続け、バブル期同水準までいくのか、もしくは、過去最高の高値を更新していくのか、はたまた2018年の様にバブル絶頂期に暴落してバブルがはじけてしまうのか。

 本日は私の予想を特別にお教えいたします。

 結論としては、ビットコインの価格は2018年の水準と同等まで伸びると、予測します。当時と同水準という事は、1ビット230万円程度まで確実に伸びるとという事です。現在が1ビット115万円程度ですので約2倍ですね。

スクリーンショット 2020-08-04 22.44.14

 このチャートが現在までのビットコイン/USDの価格推移になります。2018年1月に過去最高値18143ドルをつけており、そこから1年間で約3000ドルまで急落し徐々に回復して来ている事がわかるでしょうか。

 また、急落後下値をしっかり切り上げて行っている事からも上昇トレンドである事は間違いありません。

 ではなぜ、現在から約2倍も値上がりする事が予測できるのか。その理由について話していきます。

画像5

 下記チャートは様々な指数とビットコインを比較したグラフになります。2015年頃からビットコインは始まっていますので、ビットコイン取引開始時期と各指数の増加率を比較しています。

 このチャートで重要になるのが、M2(マネーストック)という水色の指標です。このM2はこの市場に存在する米国貨幣の総和になります。(正確には一般法人、個人、地方公共団体などの通貨保有主体(金融機関・中央政府を除いた経済主体)が保有する通貨(現金通貨や預金通貨など)の残高 )

スクリーンショット 2020-08-04 22.26.05

 この様にM2マネーストックは右肩上がりで、このマネーストックに吊られてSPX(S&P500指数)や、GOLD(金価格)も同じ様な比率で上がっている事がわかるかと思います。

 最近のGOLD(金価格)の史上最高値更新や、S&P500の暴騰の一番の理由はこのマネーストックの増加であると言っても過言ではありません。

 市場が成長したから株価が上がっているや、安産資産金の需要が増えたから金の価格が値上がりしているというニュースは間違いではないかもしれませんが、金融商品の値上がり、特にコロナショック後の金融商品の値上がりは間違いなく、このマネーストックの上昇による物である事は間違い無いと考えます。

 金融商品の値上がりの最大の要因はマネーストックの上昇による、現金価値の暴落なのです。

 これらの分析を踏まえれば、ビットコインがまだ上昇する信憑性はかなり高いとおもいます。

 また、下記グラフの緑色がビットコイン/USDの価格推移の上昇率のグラフになりますが、水色のM2(マネーストック)の上昇率に対しGOLD、S&P500の増加率はほぼ同じ様に動いていますが、緑色のBTC /USDのグラフだけ乖離しており、置いてかれている事がわかると思います。

スクリーンショット 2020-08-04 22.26.05

 私の予想では少なくともマネーストックの上昇率に合わせて、16000ドル /USDあたりまでは難なく上昇していき、ここで暴落がなければ、再び2018年の様なバブル期に突入し、最高値更新も十分にあり得ると考えております。

スクリーンショット 2020-08-04 23.17.16

 いずれにせよ、マネーストックが上昇を辿るこの変動為替相場が続くのであれば、長期的に見ればビットコインなどの金融商品の価格は上昇していきます。

 今が投資のチャンスである事は断言できます。皆さんも初めてみては?

 

earnmoneyfx.hatenablog.com

 

ではまた!!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

 

 

【お金の流通量の増減を理解すれば為替を予測できる ソロスチャート使用の相場予測】半年で資金250%で運用のサラリーマン投資家による

f:id:earnmoneyFX:20200731182356j:plain

皆さんはお金の流通量について知識はありますでしょうか。この知識をモノにして投資に応用する事で投資で勝つ確率を格段に上げる事ができます。

 2国間の貨幣の流通量を比較し、チャートに示す事で、通貨の割安割高を予測できるのです。そのチャートをソロスチャートといいます。今回は特にFXで利用されることの多い、このソロスチャートを利用して為替の暴落、暴騰を予測する方法、また今後の指数予測について記事を作成していきます。

【為替を予測できる?ソロスチャートとは】

◆ソロスチャートとは

 ソロスチャートは、現在の3本の指に入る、伝説の投資家として知ら、ヘッジファンドの運用で名を馳せた、ジョージ・ソロス氏が考案したチャートです。

 彼は『イングランド銀行を潰した男』という異名を持っており、アベノミクスで世界一儲けた投資家とも呼ばれています。

 

 彼が考案したこのソロスチャートの特徴は、お金の供給量と為替相場にはある程度の相関関係があることに着目した点です。具体的には日米のマネタリーベースの比率と為替相場を一つのチャートにプロットするというモノです。

 お金の供給量は毎年増えていますが、その増え方はその時の政治や、金融政策、経済状況によって各国バラバラです。

 例えば、日本の貨幣の供給量を見てみましょう。下記画像の青色の右肩上がりのグラフが日本のお金の供給量(M2)のグラフになります。コロナショック対策の国債の購入額を無制限にする金融緩和の決定から、グラフの傾きがほぼ垂直に近い動きをしています。

スクリーンショット 2020-07-26 12.19.12

 単純に考えてみてください。

 例えば、お金の量が50%増えたA国の通貨と、お金の量が10%増えたB国の通貨がある場合、どちらの通貨が高く、どちらの通貨が安くなるでしょうか。(その他比較前提は一緒とする)

 基本的には流通量が多くなれば、物(現金)の価値は下がります。

 即ち今回の例で言えば、50%お金の流通量が増えたA国の通貨の価値が大きく下がったので通貨安に、反対にA国に比べお金の流通量が増加していないB国の通貨の価値がA国の通貨に比べ増加率が少なく、価値が維持できている為が通貨高になると考えられるのです。

画像6

【ソロスチャートの使い方】

 下の図は日米のマネタリーベースの推移を表にしています。2014年8月頃を境に日銀のマネタリーベースが米国FRBのマネタリーベースを大きく引き離している事がわかるかと思います。2014年という年は第三次安倍内閣の発足と同時にアベノミクス3本の矢の政策の中にあった日銀の量的緩和と同時期になります。このタイミングから日銀は大量の紙幣をする様になり、円安、株高へ強行的に誘導したのです。

 このグラフから読み取れる事は2014年頃から、日銀の通貨の供給量の増加量ががアメリFRB通貨供給量の増加量を大きく上回っていたと言うことが言えます。そしてその結果、日本円は2014年を境に円安方向へ動いていきました。

スクリーンショット 2020-07-28 23.02.03

 

 しかし、注目すべきは2020年の3月から6月のグラフです。この時期はコロナウイルスの影響により、コロナショック が始まり、金融緩和を世界各国が行なった時期になります。直近のコロナショック時からは、急激にFRBのマネタリーベースが跳ね上がっています。これはFRBの無制限金融緩和政策によって跳ね上がっている事がわかると思います。これは米国のほうが通貨供給量を増やし金融が緩和的になっていることを示していますので、いっときに比べるとマネタリーベースの差がなくなってきているという事が分かります。

 即ち、今後も円高に動く可能性が高いと予測ができるのです。私の予想では102円程度まで円高に振れる事を予測しています。

(現に2020年7月30日現在1ドル105円台で推移)

 今後のマネタリーベースの増加率は目を離せませんね。

 テクニカル分析も加味して中期的に予測すると、ドル円は下落方向(円高)、S&P500も下落、日経も下落と私は予想しています。恐らくコロナショック 第二派の影響が株価、為替共にそろそろ来ると考えています。

 いずれにせよ、先ほどのグラフをみた通り、現在の通貨円、ドル共に市場に溢れており、行き場を失っているのは事実です。これだけの供給量が急激に増加しているので当然通貨の価値は暴落している事が考えられます。

 即ち、現金と交換できる物の価値は全て上がっています。実際に金の価格は過去最高をつけていますし、ビットコインも上昇トレンドに突入、NASDAQも過去最高と貨幣の価値が大きく減っている事がわかると思います。

スクリーンショット 2020-07-31 14.04.57

スクリーンショット 2020-07-31 14.03.57

スクリーンショット 2020-07-31 14.02.39

 世界各国の金融機関が貨幣を発行しまくるこのこのトレンドが終わるまではしばらく上記銘柄は確実に上昇すると思います。

 いずれにしろ長期的には常に投資のタイミングです。信じるか信じないかはあなた次第です。

 まだ投資を始めていない人は資産の目減りを指を加えてみているのと同意であるとは私は思っていますが。皆さんはどうお考えですか?

 ではまた!

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

  • #仮想通貨予測
  • #金価格予測
  • #ソロスチャート予測
  • #投資予測ソロスチャート
  • #投資見通し通貨供給量