【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【FXの必勝法マーチンゲール法】毎日3万円稼ぐサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200311155727p:plain

皆さんこんばんわ☆

earnmoneyFXです!!今日も一つ私がよく使う方法をご紹介致します。

これはギャンブルをやった事ある人はほとんどの人が知っている手法ですね。

これをFXでも利用しちゃおうというのがこの方法です。

良くバカラでも使われる手法になりますが、FXの場合は利確の金額を自分で自由に設定できる分、より簡単にできます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、ギャンブルで負けた場合に、その負け分を取り戻し、収支をプラスにするために賭け金を増していく手法です。

簡単に言えば、どれだけ負けても勝つまでやり続ける!気合の入ったギャンブルのやり方がマーチンゲール法です。負け続けると破産しますけどね(笑)

マーチンゲール必勝法のやり方は簡単で、

負けるたびに賭け金を倍にしていくだけです。

これをFXに応用するだけですることで必勝法になり得るのです。何回負けても最後の1勝で逆転利益!


 マーチンゲール必勝法の例です。

例えば1000円を賭けたとします。

そうすると、

■勝てば収支は+1000円

■負けると収支は-1000円 ですよね。

ここで負けた場合、収支は-1000円になります。

この次のゲームマーチンゲール法では、最初に負けた次のゲームで2度目の賭け金を倍の2000円にします。

そうすると、

■勝てば、元の収支-1000円2回目のゲームで勝った2000円の合計で収支は+1000円

■負けたら、元の収支ー1000円と2回目のゲームで負けた-2000円の合計で収支は-3000円

になりますよね。また負けてしまった場合、

3回目の賭け金はマーチンゲール法に基づいてさらに倍の4000円になります。

そうすると、

・勝てば、元の収支-3000円3回目のゲームで勝った4000円の合計で収支は+1000円

このように前回の掛け金の倍で投資を行っていくのです。

  この必勝法は、1回だけ勝つまでやれば、最後は負けが逆転し絶対に利益になるという必勝法です。資金が続く限りは10回負けても20回負けても、最後1回の勝利で利益が出ます。

 しかし、連敗中に損失が増えすぎて、賭け金を2倍にできなくなった時点で大きな負けとなってしまいます。この必勝法の弱点については後ほど詳しく説明します。

 さて、このマーチンゲール必勝法、どのようにFXに応用すればいいのでしょうか。

【マーチンゲールFX必勝法のルール】


 マーチンゲール必勝法をFXに応用する際の注意点としては、「賭け金と配当金」をFXでどのように設定するかが問題になります。

 この必勝法をFXに応用する際にはLotは限りなく少ない方がいいですね(笑)

資金が少ない場合倍にできなくなったら負けですので(笑)

もしくは利食いを倍々方式で上げていけるのであればそれも良い方法でしょう。


 勝った場合は lot や利食いの設定をもとの金額戻しましょう。

 マーチンゲールFX必勝法のやり方をもう一度簡単に確認すると・・・

 

【マーチンゲールFX必勝法の落とし穴】


 マーチンゲールFX必勝法は、連敗しすぎて次の賭け金(取引高 = lot)を倍にできなくなってしまった時点で勝てなくなります。この必勝法の弱点ですね。さらに、このマーチンゲールFX必勝法を用いて負けるということは、資金がほぼ底をつくという大ダメージを背負うことを意味します。

 これについては何としても対処すべき難点ですね。

 このマーチンゲールFX必勝法の弱点を克服する手段は大まかに3つ・・・

■資金に対しロットを限りなく少なく持つ■コツコツ利益を重ねる

■4連敗程度でやめる


4連敗で lot をはじめのものに戻す

  もしゲームをする上で、4連敗のときのみマーチンゲールFX必勝法を中止する場合、
■0敗1勝 : 利益 ■1敗1勝 : 利益 ■2敗1勝 : 利益 ■3敗 1勝 :   利益

■4敗     :     損失


 このようになりますね。つまりマーチンゲールFX必勝法では4敗の目さえ出なければ、すべて勝利となるわけです。

 勝率を50%とした場合、3敗の目が出る確率は6.25%。つまり93.75%の確率で利益を獲得できるということ。この当たり前の手法を餌に商売している輩も存在しておりますのでご注意を(笑)

 

この手法はテクニカル分析やファンダメンタルと組み合わせて

実行すればより勝率を上げることができます。

今自分が使っている手法と組み合わせてみたらいかがでしょうか

個人的には応用を一番しやすい手法ではないかと思います。

 

 

[http:// :title]

[http://:title]