【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【海外FX口座のメリットとデメリットまとめ】

こんばんわ☆

earnmoneyFXです。

これまで私が使っている、XMトレードという海外口座のご紹介と、その運用方法(必勝法)をご紹介しました。

earnmoneyfx.hatenablog.com

earnmoneyfx.hatenablog.com

 

 

本日はこの海外FXのメリットデメリットのまとめを記事にしたいと思います。

 

【海外FXの3つのメリットとデメリット】

■海外FXのメリット

 

■海外FXのデメリット 

 

国内取引所、海外取引所の両方を使っている私からすれば、海外FX業者でトレードするメリットはデメリットよりもはるかに大きい

やはり、最大のメリットとしては、ハイレバレッジであるのに、ゼロカット(追証なし→借金を負わない)があるというところに尽きるだろう。


また日本語対応も完全に整っているため、英語ができなくても全然OKである。

 

資金がない学生、お小遣い制のサラリーマンでも一獲千金を狙える!!

 

海外FXの最大のメリットはハイレバレッジだ。

海外FXはそのハイレバで、資金が数万円でも、10倍〜100倍を狙えるところが一番の魅力。

 

【海外FX】5つのメリット

1.追証なしのゼロカットシステムを採用している

 

FXを始めるにあたってほぼ全員と言える人が口にするのが、FXは負けると借金を負うんでしょ?である。

これは正確な知識である。国内取引所においては。。

 

ただ海外FXはその追証が全くないのだ。それがゼロカットである。

追証(おいしょう)とは、投資金以上の金額をFXブローカーから請求されることだ。

この追証が発生すると何がヤバいかというと口座残高がマイナスになってしまう。

簡単に言うと借金である。

おそろしいことに、FXや株の追証請求は、法律的になんとカードローンの借金と同じ扱いである。

 

残念ながら全ての国内FXブローカーは100%追証請求ありのシステムだ。スイスフランショック級の相場変動が日本国内で起きれば、それこそ一瞬で人生が滅ぶ可能性がある。おそろしい。

 

しかしほとんどの海外FXブローカーは、この追証請求を求めないゼロカットと呼ばれるシステムを導入している。

自身の口座残高がマイナス100万円になろうと、マイナス1億円になろうと、ゼロに戻してくれる神対応である。

 

 

 
 

2.目が覚めるような高レバレッジ 400倍~2000倍

どの海外FXの解説サイトでも言われていることだが、海外FXが人気を集めている一番大きな理由がレバレッジである。

日本国内の最大レバレッジは25倍もうすぐ10倍までと金融庁で定められるのはみなさんご存じだろうが、海外FX業者には最大レバレッジの規制はない。

 

よって最大レバレッジ888倍なんていうのは当然である。

1万円の資金で888万までの取引ができるという事だ。

 

ハイレバレッジ取引は、資金効率を圧倒的によくしてくれる。

具体的に見てみよう。

例えば、10万円の資金でドル円のポジションを持とうと思うと、国内FXのレバレッジ25倍ではせいぜい2万通貨が限界だ。

対して海外FXの場合、最大レバレッジ800倍とした場合80万通貨通貨ポジションを持つことができる

少ない資金でガッツリとポジションを持つことができるのはなによりも大きい海外FXを利用するメリットと言えるだろう。

 

 

3.ボーナスがとにかく破格

国内FXでのボーナスはせいぜい新規口座開設で2万円とかその程度だが、海外FXでは国内FXでは考えられないボーナスがたくさんある。

入金ボーナス

最たるものが入金ボーナスと呼ばれる、入金額に応じて証拠金が増えるボーナスだ。

初回入金ボーナスでは、100%入金の太っ腹ボーナスを提供してくれるブローカーもある。

 

上記のように100%入金ボーナスだとすると、10万円入金すると20万円の証拠金でトレードすることができる

ハイレバトレードの場合、当然証拠金が多い方がダイナミックな取引が可能だ。

未入金ボーナス

海外FXには口座に未入金の状態でもリアルマネーでトレードできる未入金ボーナスを提供しているブローカーもある。

このボーナスはあくまでお試し用なので、3,000円ほどに設定されている場合が多いが、もちろん利益が出れば出金可能だ。

少額ではあるが、デモ取引とリアル取引は全然違うものなので、ハイレバトレードを無料で体験できるのは大きなメリットだろう。

 

 

【海外FX】3つのデメリット

1.

4.出金に時間と手数料がかかる

海外FX業者の出金は、海外銀行送金が一般的だ。

海外銀行送金の場合、出金手続き完了から着金まで2~5営業日出金手数料として2500円~4000円がかかる。

これは国内FX業者にはないデメリットといえるだろう。

bitwallet出金対応業者なら出金手数料無料・即時反映

最近では出金方法にオンラインウォレットのbitwallet出金が追加されている海外FX業者が増えてきた。

bitwallet出金は、出金手数料無料・出金手続き完了後即時口座反映の優れもの。

出金に時間や手数料を払いたくない方は、bitwallet出金対応の海外FX業者を選ぶようにしよう。

 

2.スプレッドは国内FXより高い

 

一昔前は、海外FX業者で取引するために広いスプレッドは我慢しなければいけなかったが、今ではこのように高水準のスプレッドで取引することが可能だ。

 ちなみに日本のFX業者のスプレッドは世界でNo.1である。そこと比べてしまうと厳しい部分ではあるが、最近では低くなりつつある。

取引回数が多くなるスキャルピングには不向きな場合もある。

 

 

 

3.突然の日本撤退リスクがある

近年、海外FXブローカーに対する金融庁の締め付けはかなり激しい。

金融庁は海外FX業者を日本市場から締め出すために、あらゆる方向から圧力をかける。
過去にも海外FX会社が締め出された例が少なからず存在する。

ガッツリ使っていたブローカーが突然撤退するリスクがあることは頭に入れておいたほうがいいだろう。

 

『結論「国内会社に比べ海外FXはメリットをかなり受けやすい」』
これを機に国内業者から乗り換えてみては??

clicks.pipaffiliates.com

 

#FX#一発逆転#副業#XM