【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【ローソク足を使ったトレンド予測】FXサラリーマン副業投資家の低資金で日利2万円の儲け方 

皆さんこんにちは!

サラリーマン投資家ゑびすです。

 

今日は現在の収支と、ローソク足の見方について記事を書いていきます。

 

それでは現状の収支です。どん!!

 

f:id:earnmoneyFX:20200322122009p:plain

収支3/5~3/19

3月5日(コロナショック発生)から3/19日現在までの2週間、トレード日数10日で、

+395,361円です!

日利+39,500円です。目標は日給3万円ですので大きく達成できております。

 

軍資金は約40万円でスタートしましたので、運用実績98.75%で推移しております。

私の手法の強みは軍資金が少なくても利益をしっかり出していける事です。

 

もしその方法が知りたければ、Noteで発信しておりますので是非チェックしてくださいね。

 

 

それでは、今日のFX投資知識です。

 

投資初心者は是非この手法を知っておいてください。

ローソク足についてです。

 

ローソク足の基礎知識については過去記事をチェックしてみて下さい。

 

 

earnmoneyfx.hatenablog.com

 

ローソク足が分かった後は、それを実践トレードにどう使うか。

今日はそこについて記事を書いていきます。

 

ローソク足2本のトレンド予測】
ローソク足は単一のままでも意味を持っていますが、二本の組み合わせを理解すると、より高い確率でどう動くかを予想できるようになります。
下記では実際に私が使う手法の一例を紹介致します。

【1】不連続線(窓)
不連続線不連続線とは二本のローソク足が値をとばし並んでいるものです。
この二本のローソク足の空間を「窓」と言います。窓はその時点における人気の片寄りを示しています。そのため窓は長大陽線、長大陰線と同様の意味を持ち、相場の転機によく現れます。

上昇相場では「押しは窓まで」、下降相場では「戻りは窓まで」とよく言われます。
株価の押し目、戻りは窓を埋めるところまでという意味です。
利用度の高い格言として覚えておきましょう。

よく月曜の朝一、午前7時に窓が開いていることがあります。窓は皆さん開けっ放しは良く無いですよね?なので多くのトレーダーは締めにかかるのです。その投資家の常識を使って利益を出す手法です。

早起きは三文の徳って言いますよね?本当に3文以上を出せる、確率がとても高い手法です。

画像6

 

【2】はらみ足
比較的大きい陰・陽線に小さい陰・陽線がすっぽりおさまっている型を「はらみ」と言います。
短期的に目先、一服するところで現れる型の代表です。
小さな陰・陽線のかわりに「寄引同事線」が高値で出現すれば天井、下値で出現すれば底の確認になることが多いと言われています。

はらみ足

 

【3】つつみ足
はらみ足とは逆で小さな陰・陽線のあとに、この陰・陽線をつつむ大きな陰・陽線が続く型です。
高値圏でのつつみは天井暗示、安値圏でのつつみは底値暗示となります。
小陰陽線が寄引同時線の場合は、より信頼度が高まると言えます。

包み足

 

 

他にもたくさん、ローソク足の見方はありますが、私の手法で知っておいた方がいいのはこのくらいです。

FXだけでなく、株等の金融商品でも同じように使えます。

 

是非FXを始めようとしている方、投資を始める方等は抑えておいた方がいい知識です。

是非、参考にして見てください。

 

#サラリーマン副業

#日利2万円獲得方法

#FX手法

#副業

#ローソク足