【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【MACD FX 日給3万円を副業投資で稼ぐサラリーマン投資家のテクニカル分析使用法 】

[http://:title]

 

皆さんこんばんは!

ゑびす@サラリーマン投資家です。

 

世間はコロナショックの影響で、株価や実体経済も悪い中、

私の副業、FX・株・仮想通貨の3月度の利益は75万円程度になりました。

副業で投資をやるメリットは暴落時や不況時でも利益を上げる事でしょう。

 

f:id:earnmoneyFX:20200326232525p:plain

FX収支



最近の収支はこんな感じです。

順調ですね。

利益幅としては2週間で1158pipsとかなりの好記録を出しているのではないでしょうか。

レバレッジを上げていきたい気持ちになるのですが、

私の手法は少ない資金で、本業程度稼ぐのが醍醐味なので我慢ですね。

 

トレードは平常心です。欲を出したら一気に負けます。

気を付けましょう。

 

 

それでは本日の私の利用しているテクニカル手法MACDについて記事を書いていきます。

 

MACD

MACDは私のトレードの手法の核となるテクニカル分析の一つです。

 

MACDとは2本の移動平均線MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。

 

MACDの傾きと移動平均線をトレンドの方向性を見るといった利用方法があります。

私がMACDを採用している理由は、MACDはダマシが少ない印象で、基本に忠実に使えば実績が出やすいと考えています。また、どのテクニカル分析と組み合わせても効果を得やすいのも特徴です。

 

価格がトレンドを形成しながら上昇または下降する時、移動平均線の動き方としては、

 

まず①短期の移動平均線が動き、

遅れて②長期の移動平均線が動きます。

 

前章でもあったように、ゴールデンクロスができた際に買い、デッドクロスができた時に売りで入るのが王道のパターンです。

 

その外にも乖離率を見る事も出来ます。真ん中にゼロラインがあり、そこからどのくらい乖離しているかを数値で見ることができるため、長期投資の人は乖離率の高い場所でトレンドの逆張りをするのがおすすめです。

 

上昇トレンド場合、初動から中盤には、ゼロ付近ないしそれ以下から急速に上昇し、プラスの圏内で推移します。 逆に、下降トレンドの初動から中盤には、ゼロ付近ないしそれ以上から急速に下落し、マイナス圏内で推移します。

 

つまり、プラス圏内だと上昇トレンドで、マイナス圏内だと下降トレンドということになります。

 

 

売買サインは、MACDとシグナル線のクロス、MACDとゼロラインのクロス、MACDやシグナル線の方向の転換などが一般的に使用されます。

 

以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安となります。また、0ラインの前後で反転することも多いので注目してください。

 

大きなトレンドが発生している時に、MACDが相場の流れと逆行した場合は、相場が天底に近いことを示します。(相場が下降している時にMACDが上昇し始めた場合は、近い将来相場が底を打つ可能性があります。)

また、MACDラインと同平均(SIGNAL)ラインとの乖離を、棒グラフで表した「MACDヒストグラム」もあります。

 

MACDヒストグラムは、MACDではエントリータイミングが遅くなる傾向がある事を改善するために作られた指標です。株価に対する反応が非常に敏感になるため、その分だけ利益確定も早くなります。
私の使用法方は棒グラフが最長になったであろうタイミングで決済をします。

 

 

私の場合、デイトレード、スウィングトレードですので4時間足のMACDゴールデンクロスデッドクロスでエントリーし、MACDヒストグラムで決済という感じで使用します。

MACDとは

 

いかがだったでしょうか。

FXの必勝法の模索に使ってみては?

 

ではまた!!

 

[http://:title]