【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【FXをお金がないサラリーマンこそやるべき理由】毎日3万円をFXで稼ぐサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200427213904j:plain

 

皆さんこんばんは!

 

本日はなぜお金のないサラリーマンこそFXをすべきかについて書いていきます。

 

サラリーマンはお金がない生き物ですよね。

 

たまに裕福なサラリーマンも見かけますが、全体の3%程度ではないでしょうか。

 

結論:お金のないサラリーマンほどFXを始めるべきです。

本日はまずFXをやっている会社員にスポットを当ててみます。

会社員でFXをやっている人がどんな取引をしていて、どれくらいのキャリアなのかといったデータがあります。

 

まずは、年齢別の内訳から。

男女比率で見ると、FXをやっている人のうち実に76.3%が男性です。

年齢別にみると20代が10.4%、30代が26.8%、そして40代が22.2%となっています。

30代と40代だけで半数を占めており、お金にある程度余裕が出てきた人がFXをしているという事です。

 

 

次に、FXの取引年数です。

20代は年齢的にFX歴が浅い傾向が見られるものの、他の世代では80%以上の人が1年以上のFX歴を持っています。

 

どれくらいの規模でFX投資をしているのかについては、各世代ともに「20万円未満」が最も多くなっており、比較的少額からFXに取り組んでいることが分かります。

 

ちなみに「100万円以上」と回答している人は多くても30代の11.6%なので、少額から取引が可能というFXのメリットを享受している人が多いことも分かります。

 

FXは副業禁止の会社でも始めて大丈夫か?

会社員にとって気になるのは、FXが副業にあたるのか否か。

ここで重要なのは、FXは「投資」であり、「労働」ではないことです。

 

副業や兼業を禁止している企業のロジックは、「副業によって本業に支障が出るようでは困る」なので、労働を伴わない投資であれば問題はありません

 

だからサラリーマンである私はFXを始めました。

 

もし投資が禁止されてしまったら、先祖代々所有している土地にアパートを建てたり、駐車場にしたりといった資産家の経済活動も不可ということになってしまいます。

 

こうした不動産経営も投資に分類されるため、FXと同様に副業として取り組んでも問題はないと解釈されています。

FXをやっていることが会社に知られないようにするには?

勤務先で禁止されていなくても、やはり知られたくない方も多いでしょう。

特にFX会社に口座を開設する際にはマイナンバーの提出を求められるため、「マイナンバーから紐づけられて知られてしまうのでは?」と不安を感じる方もいます。

 

しかし、これについてはFX会社から勤務先に何か通知が行くわけでもありませんのでご安心ください。

勤務先に知られる可能性として考えられるのは、確定申告によって住民税の金額が変動し、その誤差が指摘されるケースです。

 

副業をしていない場合、当然ながら年収は勤務先の年収と同じですよね。

住民税額は年収から算出されるため、会社の経理部門では年収額に応じた住民税額を正確に把握できます。

 

しかし、FXで一定以上の収入があると、会社が把握している住民税額と異なる金額になります。

この差異によって「何か他に収入があるのでは?」となってしまうわけです。

確定申告時に住民税の納税方法を「普通徴収」にすることで、この問題は回避することができます

 

会社員にFXは向いている?メリット・デメリット

 

ここでは、会社員が副業のようなイメージでFXをするメリットとデメリットについて解説します。

会社員ならではのメリットがある一方で、同じく会社員ならではのデメリットもあります。

それぞれ整理すると、以下のようになります。

社会人がFXを行うメリット
  • 金融関連のニュースに関心がわき、理解できるようになる
  • 資金が少なくても始められる
  • 夜も取引可能なので、仕事が終わってからでもできる
社会人がFXを行うデメリット
  • 資金を失うこともある
  • 取引ができるのは平日のみ

それでは、メリットとデメリットについて個別に解説していきましょう。

FXのメリット

平日の昼間に働いており、「あわよくば副収入を得たい」と考えている会社員にとって、FXは導入しやすく、さまざまな形でプラスの効果が期待できる投資だと言えます。

その理由を、3つのメリットから解き明かしていきましょう。

【世界の動き・経済・金融関連がめっぽう強くなる】

FXは外国為替市場を舞台にした投資です。

政治や経済のニュースが値動きに影響を与えることも多いため(こうした値動き要因のことをファンダメンタルズといいます)、FXをやっていると国際情勢や経済関連、金融関連のニュースに敏感になります。

こうした知識はまさに生きた知識であり、何らかの形で本業にも役立つ可能性は高いでしょう。

そしてこの知識は意外と社会人でも持っていない人が殆どです。この知識を取得するだけで、マネジメントや経営にも強い人材になれます。

 

さらに、FXは金融商品の一つですが、こうした世界に関わりを持つことにより、マネーリテラシーを高めることができます。

マネーリテラシーとは「お金を知り、活用するための知識」といったニュアンスになりますが、これは学校では教えてくれないものです。

お金の本当の価値について知る事が出来るのです。

 

【少額から始められる投資】

FXにはレバレッジという仕組みがあり、これを利用すると実際の投資額に対して25分の1の投資金があれば取引が可能になります。

 

例として、日本円と米ドルの通貨ペアで計算をしてみましょう(ここでは分かりやすいよう、1ドル=100円と仮定します)。

多くのFX会社では1,000通貨単位からの売買が可能なので、1,000ドル分のポジションを建てるときに必要な資金は10万円です。

ここで最大のレバレッジである25倍を適用すると、取引に必要な資金(証拠金といいます)は25分の1にあたる4,000円です。

 

もし買いポジションを保有している状態で1ドルが100円から101円に変動すると、1,000ドル分を保有しているので、1,000円の利益が発生します。

この投資効率の高さは、初期費用をあまり多くかけたくない方にとって大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

先ほどご紹介したデータでも大半の人が20万円未満、50万円未満という少額でFX投資をしていることが明らかになっているので、多くのFX投資家が少額から始められることにメリットを感じていることが分かります。

株や投資信託はたくさんの資金がないと利益を生む事はとても難しいです。それに比べ、少額の資金しかないサラリーマンにとって一番始めやすい投資なのです。

【平日なら夜中にも取引できる】

 

外国為替市場は、時差の関係でそれぞれの市場が異なる時間帯に動いています。

土日は外国為替市場がお休みになりますが、月曜日の早朝から土曜日の早朝まで、24時間いつでも取引が可能です。

 

これは平日の昼間、就業時間中は取引が難しい会社員の方々にとっては嬉しい特徴と言えるでしょう

会社員の方々の生活サイクルを考えると、最も取引をしやすいのは平日の夜ではないでしょうか。

特に日本時間の21時から24時はロンドン市場やニューヨーク市場といった取引量の多い市場が動いているため、活発な値動きが期待できます。

それはつまり、利益を狙える機会が多いということです。

 

また、この時間帯は市場参加者が多くなり取引量も増えるため、値動きが乱高下しにくい傾向があります。

 

FX取引の上達にはテクニカル指標とファンダメンタルズの勉強が有効ですが、勉強すればするほど利益を出しやすくなるというのも、努力を惜しまない人にとってはメリットとなるはずです。

 

平日であればいつ何時でもお金を稼げる可能性があるという事です。

 

副業のようなイメージでFXに取り組むデメリット

主に考えられるデメリットは、FXがハイリスク・ハイリターン投資に分類されること、そして週末は市場がお休みになることです。

【資金を失うこともある】

FXに限らず、投資には必ずリスクがあります。そして銀行預金にも同じくリスクはあります。

数ある投資商品の中でFXはミドルリスク・ミドルリターン型の投資に分類されているので、リスクについては十分理解しておく必要があります。しかしこれは投資の方法やテクニック、技術でローリスクローリターンにもできますし、ハイリスクハイリターン委もできる幅広い投資なのです。

 

先ほどレバレッジについて解説したとおり、FXは少額であっても大きな資金を動かすことができます。

資金が10万円・1ドルが100円であれば、理論上は2万5,000通貨までのポジションを保有することができます。

 

もしここから1ドルが101円に動けば2万5,000円の利益になりますが、逆に99円に動いてしまったら2万5,000円のマイナスになり、10万円のうち25%もの損失が出ることになります(実際には証拠金が不足して、もっと早いタイミングで強制ロスカットになります)。

 

 

トレードの仕方によってはリスクが高くなってしまうことを理解しておく必要があります。

先ほどの例でリスクを軽減するのであれば、資金額の目一杯までポジションを保有するようなことはせず、実質的なレバレッジを下げていくのが有効です。

【平日しか取引ができない】

会社員の休日というと、土曜日と日曜日の週末であることが一般的。

しかし週末は外国為替市場もお休みとなるため、レート変動は止まったままで、注文を出しても約定しません。

FX会社によっては週末にシステムのメンテナンスをする場合もあるため、土日に売買画面を開いてゆっくりとチャート分析をしようといったこともできない場合があります。

 

土日を使って投資をしたいと考えている人にとって、土日に動いていないFXは不向きになってしまうでしょう。

 

このようにサラリーマンがFXをするメリット、デメリットをお判りいただけたでしょうか。

 

収入に困っている人には始めてみる価値があると思います。

 

世界が変わるかも。。。

 

ではまた!!

[http://:title]

 

[http:// :title]