【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【サラリーマンが人生で数千万円得する節税の裏技】竹花貴騎MUPにサラリーマン投資家が入ってみた件

フリー写真, フリー写真, CC0 写真, 人物(写真), 男性(写真), 外国人男性, ポートレイト, ビジネス, ビジネスマン, メンズスーツ, 仕事, 職業, スマートフォン(スマホ), パソコン, ノートパソコン, 眼鏡姿

 

皆さんこんにちは。

突然ですが、

皆さんは会計や税金についての知識をお持ちでしょうか?

おそらく自信のある人は会計士や税理士の方ぐらいではないでしょうか。

日本人のすべての人が税金を払っているのに(納税の義務があるから仕方ありませんね)日本人のほとんどがこの税金の知識をほとんど持っていません。

それは何故でしょうか。

まず教えてくれる場所がないのです。義務教育で教わった事がある人は一人もいないのではないでしょうか。

その理由は政府の立場になって考えてみてください。

国民全員が税金の知識を持ってしまうと国民の納税額が極端に減り政府の収入源、財源が減ってしまうのです。

皆さんが国の財政を決める立場だった場合、自分の収入が減ってしまう方法を国民にわざわざ知らせますか?

答えはNOです。

だからこそ、この会計や税のスキルを知るだけで人生で払う税金の額が何千万変わってきます。

では始めていきましょう。

人生やビジネスにおいて一番重要となってくるのはいくら稼ぐかではなく、いくら残すかです。

例えば年商1億円でも、残る利益が100万円のビジネスか、

年商3000万円で、手元の残る利益が1000万円のビジネスのどちらが良いビジネスでしょうか。後者の方が圧倒的に良いのは分かりますよね?

そう、いくら売上をあげても手元に残らなければ意味がありません。

ではお金の残す方法はどうしたら良いかご存じでしょうか?

1.収入を増やす

2.出費を減らす

単純に考えてこの二つになります。しかしもう一つあるのです。

今回はこの出費を減らす方法、特にサラリーマンが税金を減らす方法について教えます。


本日の結論:『出費を経費にする』です。

私達サラリーマンは所得から各種税金と国民年期等引かれて手取額が自分達の銀行口座に入りますよね?

では、今の所得から何がどれくらい引かれているかを把握していますか?

意外と把握している人は少ないと思います。まず税金の仕組みとその理解から解説していきます。

課税所得可と処分所得の違い、収入と所得の違いをご存じでしょうか。基礎知識も含めて解説していきます。

まず大前提として、

収入-(経費)控除=所得 になります。

収入からその収入を得るための必要な経費や控除を引いたものが所得になります。

収入税と呼ばれる税金がこの世に存在しなく、所得税がとられるののはこの理由です。

すなわち、ここで一番重要なのは『経費として認められれば税金がかからない』と言うことです。

所得税の式としては、(年収1000万ー控除)×税率で表されます。きれが国に持ってかれる税金です。

では、控除とはなんでしょうか。

個人の生活状況の違いを公平に反映させるための方法です。

生活環境は人それぞれですよね。(人によって子どもがたくさんいたり、病気を持っていたり等々)その各々持つ生活環境の違いをなるべく反映させて平等に税金を取るためにこの控除はあるのです。

もし仮に、人間一人に対して何%の税金が一律で徴収された場合子どもを生みたくなくなる人がますます増加しますよね(笑)

この控除有るため、今現在の日本政府はある程度個人の背景を汲み取って税金を徴収してくれていると言うことです。

税金は大きく2種類あります。

1.国税

国に払う国税といいます。これは累進課税制度で収入が増えれば増えるほど税金は増えていきます。

かかってくる税率は収入に応じて5%~45%です。

2.住民税

都道府県に4%、市区町村に6%払う税を住民税といいます。計10%です。これは一律でかかってくる税率です。

この1と2を足した額が実質的な払わなければならない所得税

国税+住民税=15-55%(所得にかかってくる税金) となります。

【サラリーマンの税金】

ではここからはサラリーマンの場合の税金について見ていきます。

サラリーマンの場合

給与収入-給与所得控除(決まった額)=所得 になります。

この給与所得控除は年収に応じて引かれる額が決まっています。

そしてこの所得から所得控除(子ども 医療 寄付等)を引いた物が

所得惹-所得控除=課税所得 となります

課税所得とは時のごとくこの金額から所得税率をかけますよという基準の所得という意味です。

所得税額=課税所得×所得税率となります。この額が給与から引かれる額(所得税)となります。

【給与収入-税金の計算イメージまとめ】

上記を簡単にまとめると、

得た収入(額面)に対し下記要領で税金が決まっていきます。

①収入-給与所得控除=給与所得

②給与所得-所得控除=課税所得

③課税所得-社会保険料=手取り額

社会保険料=課税所得×14.4% 

となります。自分の給料がなぜその額なのか、知っておいて損はありませんよね?

また私のように副業や投資で利益が出た際の確定申告にも使えますので覚えておいてください。

【お金が残る3つの魔法】

それでは本日の本題。お金が残る3つの魔法について。

サラリーマンの場合、収入から自動的に税金や社会保障が自動的に引かれます。そして税金や保証を引いて残った可処分所得(手取り)となり、そこから生活費を出して家計をやりくりしていますよね?

サラリーマンの場合、自分でコントロールできるのは生活費を抑える事ぐらいです。だからこそ、残業をしようとか副業をしようと考えますよね。

しかし、副業がうまくいって、収入が増えると税金も増えるので以外と手元に残る金額の増加率は少ないのです。

ではどうするか、手取りを多く残すためには節税が一番重要となってきます。

節税をする為には、そうです。控除を上げるのです。

【魔法①:控除を上げる(課税所得出費)】

例えば、

生活出費にフォーカスしてみて下さい(家賃・飲食代・通信費・駐車場代、車、水道光熱費、旅費交通費、スーツや副時計代)。

サラリーマンの場合、この生活費の出費は所得税や社会保証が全て引かれた可処分所得(手取り)から支払いを行います。その支払いには消費税(+10%)がもれなくかかっています。

この生活出費を控除に回す事こそがお金を残す魔法なのです。

どういう事か、

例①、②で具体例を見てみましょう。

◆①サラリーマンが可処分所得から100円のコーヒーを買ったとき100円のコーヒを買うための給与所得はいくら必要か。

A.125円です。

給与所得とは税金が引かれる前の状態です。

1100円のコーヒを買うには125円(所得税20%と仮定した時)の給与所得で払っているという事になります。

式としては

125円(給与所得)×所得税20%=25円(税金) 

125円(給与所得)-25円(税金)=100円(可処分所得(手取り))=コーヒー代という事になります。

もしこれを可処分所得からではなく、

◆②課税所得から経費として100円のコーヒー代を出して購入した場合の給与所得はいくらでしょうか。

正解は105円です。

それはなぜか、

先ほどと同額の125円の給与所得から100円のコーヒーを経費として出した場合手元に残った25円が課税所得となります。

この25円に対して先ほどの所得税20%と仮定した時にかかってくる税金は、

25円(課税所得)×20%(所得税率)=5円(税金)

使った給与所得の額は

100円(コーヒー代)+5円(税金)=105円 となるのです。

①と②を比べてみて下さい。

同じ100円のコーヒーを買ったのに、必要な給与所得が20円も違うのです。

100円に対して20円ですので20%違っています。車などの高い買い物の場合同様のことが言えます。

経費で出すか、手取りから生活費として出すかで手元に残るお金が全く変わってくるのです。

【魔法②:所得分散】

続いて魔法②です。所得税率は15%~55%が累進課税制度でかかってきます。

例えば、課税所得1000万円を稼いでいるとした時の所得税は、

①1000万(課税所得)×43%(所得税率(決まっている))-153万(控除額)=277万円(所得税) となります。

1000万-277万円=723万円(手取り(社会保障費抜き))になります。

では、これを世帯年収と考えた場合どうなるでしょうか。

自分が500万円・妻が500万円に分散した場合、税金が安くなるのです。

先ほど同様で実際の具体例を見てみましょう。

500万円(課税所得)×30%(所得税率(決まった税率))-43万円(控除)

=107万円((国に払う所得税(一人分))

妻の分があるので107万円×2人=214万円 国に払う所得税(世帯あたり)

同じ世帯年収1000万円なのに、給与を分けるだけで63万円も節税が出来るのです。

【魔法③:損益通算】

最後の魔法です。

この魔法をサラリーマンが使う場合、個人事業主もしくは法人を持つことが大前提の魔法です。

収入源が会社員のサラリーマンの給与所得のみの人の場合、通常経費計上はできません。しかし兼業で法人を持っているか、個人事業主であればこの経費でその事業にかかる費用を計上する事が出来ます。

そしてもしフリーランスの事業所得が赤字になった場合はサラリーマンの課税所得から計上する事もでき、トータルの所得税を減らすこともできるのです。

f:id:earnmoneyFX:20200503202438j:plain



また、個人事業や法人の事業所得が、総合計所得を上回ってしまい、トータルで赤字になってしまった場合その事業赤字は個人事業主の場合3年・法人の場合9年繰り越しができるのです。

f:id:earnmoneyFX:20200503202405j:plain

 

サラリーマンのデメリットは税金を全くマネジメントできない事です。

私自身投資や副業を始めたのは税金をマネジメントするという点もあります。自分でコントロールして手元に残るお金を増やしましょう。

このようなビジネススキルを学びたい方は

下記URLにTaito0129をインプットして学び狂いましょう。

https://lim-administration.herokuapp.com/mup/select

ではまた!

 

[http://:title]

  • #MUP
  • #竹花貴騎
  • #節税
  • #BO
  • #サラリーマン投資家
  • #FX投資
  • #成功する起業
  • #サラリーマン投資
  • #サラリーマン節税
  • #起業節税
  • #投資節税
  • #投資サラリーマン