【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【株式投資の勝率を上げる必須知識 EPSとPERとPBR 】毎日3万円をサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200512224603j:plain

 

皆さんこんばんは。

本日は株式投資で銘柄を選ぶ際にほとんどの投資家が見る財務指標について記事を書いていきます。

このPERとPBR意外と何となく覚えていて適当に株式投資をしている人も少なくありません。

このような基礎知識を固めていく事で利益を勝つ可能性を数パーセントづつ上げていく事がとても重要になります。

それでは始めていきます。

 

企業の財務状況を判断するための指標はいくつかあります。PER・PBR・EPS・BPSROEROA等々。

株をやっているけど株式会社の財務指標をしっかり理解していない人も多いのではないでしょうか。

本日はその中でもPBRとPERについて解説していきます。

 

この2つの指標はよく似た名前ですが、それぞれ何を表しているのでしょうか?この2つの指標は、名前だけでなく意味もよく似ていて、どちらも株価の水準を示しています。

このよく似た2つの言葉の違いに着目して説明していきます。

PBRとPERは財務諸表から株価の妥当性を捉える指標です。

株価を見ても、それが高いのか安いのかはあまり分かりません。そんなときPBRやPERを利用すると、財務諸表から株価が割安(または割高)であるのかどうかを判断することができます。

PER・PBRの指標を把握する為にはまず知っておかなければならない項目があります。それがEPSです。まずこのEPSから説明していきます。

■EPS(Earnings Per Share)

EPSとは、『1株当たり純利益』を表します。

会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものを表します。

EPS=純利益÷発行株式数

 たとえば、純利益が1000万円、発行済み株式数が10万株の場合、EPS(1株当たりの純利益)は、1000万円÷10万株=100円となります。この会社の利益は1株当たりだと100円、ということになります。

■PER(Price Earnings Ratio)

 さて、この会社の株価が現在、2000円だとしましょう。EPSが100円だから、その20倍の値段がついている、というわけです。この「20倍」がすなわちPERで、PERとは「今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのか」(株価収益率)を示したものなのです(EPS×PER=株価)。

 株をEPSの20倍の値段で買うのと、EPSの10倍の値段で買うのとを比べると、10倍の値段で買えた方がお得(割安)です。つまり、PERは数値が高いと今の株価は割高、低いと今の株価は割安というのが基本の見方。

裏を返せば、PERが20倍や30倍の会社はそれだけ成長を多くの投資家に期待されている会社とも言えます。その辺りも自分が投資する際に考えるべき物差しとすると良いでしょう。

 日本の上場企業の場合、PERはだいたい15倍程度が平均とされているので、一般には、PER15倍を基準に、それよりも高ければ割高、低ければ割安と判断されることが多いと言えます。

 有望な株のPERが10倍など低めだったら、買いチャンスかもしれません。割安に買って、株価が上昇した(=PERが高くなった)ところで売れば、利益を得ることが出来ます。

また、PERは株価に対してどれくらい利益が出せるのかという指標です。

言い換えると、企業を買収したときにその企業の収益で買収額の元を取るためには何年かかるのか、という現時点での見込みだと捉えることもできます。

PERの計算式を思い出してみて下さい。

PER(株価収益率)=時価総額÷純利益 です。

この式を変形させれば

時価総額=PER×純利益になります。

たとえばPERが15倍の企業であれば、買収額は15年くらいで回収できるという予想が立てられるのです。

 

■PBR(Price Book-value Ratio):

続いてはPBRです。

PBRとは「株価純資産倍率」のことであり、株価と企業の“純資産”との関係を表しています。

株価が1株当たり純資産(BPS:Book value Per Share)の何倍まで買われているか、すなわち1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。

現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。

PBRの数値は、低いほうが割安と判断されます。

なお、PBR=1倍が株価の底値のひとつの目安(株価と資産価値が同じ)とされてきましたが、近年は長い間1倍を下回ったままの銘柄も多くなり、必ずしもPBRの1倍割れだけを底値の判断基準とすることはできなくなっています。


PBRが1倍のとき、株価と1株当たりの純資産は一致しています。純資産は言わば企業の株の資産価値なので、PBRが1倍の状況でもし企業が解散したとすると、理論上株主には投資したのと同じ金額が戻ってくることになります。

PBRが1倍よりも大きいときは、株価がその企業の一株当たりの純資産額よりも高い、つまり株価は割高ということになります。逆にPBRが1倍よりも小さければ、1株当たりの純資産額は株価よりも高く、株価は割安です。

一般的には、PBRは1倍が底だと言われています。株価がその資産価値よりも低いまま放置されることは考えにくく、PBRが1倍を下回ったままの状況が続くのは異常だからです。そのため、株価が割安とは言っても、PBRが1倍を割っている企業への投資は注意しなければいけません。

 

■PBRとPERは何が違うのか

PBRとPERはどちらも株価の妥当性を表すものの、その基準となる指標に違いがある、という点はお分かりいただけたでしょうか。

この2つの指標は、どちらも株価の割安感・割高感を示しています。数字が大きければ株価は割高で、小さければ割安という意味になります。ただ、PBRは基準としているのが「純資産」、PERは基準としているのが「純利益」という点で異なります。

では、実際にどう異なるのかを2つの指標の算出方法から見ていきましょう。

PERは以下の計算式で求めることができます。

PER(株価収益率)=時価総額÷純利益

またはPER(株価収益率)=株価÷一株当たり純利益

対して、PBRは以下の計算式で求めることができます。

PBR(株価純資産倍率)=時価総額÷純資産

または

PBR(株価純資産倍率)=株価÷一株当たり純資産

※「時価総額」とは企業規模を表す指標であり、

時価総額=株価×発行済み株式数で求める。

つまり、それぞれの指標の2つの式は同じ意味であることが分かります。PBRとPERの計算式を比べると、その違いは分母が「純資産」「純利益」かということだけです。

では、純資産と純利益の意味を見てみましょう。

■純資産と純利益

「純資産」:企業の総資本から負債を除いた額です。企業が持つ全ての資産のうち、返済義務のないお金のことだとイメージしてください。

純資産は財務諸表の貸借対照表(BS)に記載されていて、株主からの出資金や現在までの利益の蓄積などを足し合わせたものです。

「純利益」:企業が一決算期で稼いだ最終的な利益のことです。本業で得た利益から様々な費用や税金などの支払いをすべて済ませ、最後に残ったお金が純利益となります。損益計算書(PL)に記載されています。

 

まとめると、

・純資産…これまで継続した企業活動の結果として現在企業が保有している独自の資産
・純利益…一年間の企業活動の結果として今期に生み出された利益(税金も払い終わった後の状態)

一般的に、純資産は企業活動を長期的な視野で見た結果であるため、より安定的です。対して純利益は、毎年の業績によって左右され、変化しやすい傾向があります。この違いはそのまま、PBRとPERの数値の変動傾向にも当てはまります。

感覚的には、企業の財務状況を示すPBRと企業の業績に連動するPERというような捉え方もできるでしょう。

どちらも便利な指標ですが、絶対的なものではありません。ほかの指標も参考にしながら、PBRとPERも上手に使い分けが必要です。

如何だったでしょうか。

投資はトレードで勝つ可能性をいかに上げるかが投資で勝つ重要なカギになってきます。

このような基礎知識をしっかりと身に付けていく事が重要です。

このような投資スキル、ビジネススキル・起業スキルを学びたい方は下記URLに紹介コード「Taito0129」をインプットして一緒に学び狂いましょう。

スキルアップができるこのMUPの入会は後数名で打ち切りとの事です。

入会を考えている方は今しかありません。

 

急げ!!

ではまた!!

 

[http:// :title]

[http://:title]