【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【SEOの完全理解 営業マンはいらない?(MUPWeek12)】サラリーマン投資家による

皆さんはSEOをご存知でしょうか。Webを使ったビジネスの普及が進めば進むほど、このSEO対策をしっかりできているか、できていないかで売り上げが大きく変わってきます。

 営業マンを雇うよりもSEO対策をした方が、会社の業績を大きく上げる事ができると言っても過言ではありません。

本日の記事を読めば、SEOとはなんなのかから、どのように使えば良いのかひと通り理解できる内容となっています。

それでは始めて行きます。

SEOとは】

 SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で、優良な被リンクを集めたり(外部施策)、ユーザーに価値あるコンテンツを提供し、適正に検索エンジンにページ内容を理解・評価されるよう技術的にWebページを最適化(内部施策)することで、GoogleYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、自サイトが上位に表示されるようにすることを意味します。

 googleやYahooなどの検索エンジンで上位に自分のHPやサイト、ブログを上げる事ができれば、自動的に集客や、商品購入、などに繋がります。

即ちSEO無料で作れる資産であり、無料で雇える営業、自分の信用をブランディングしてくれるファッションになるのです。

 

【WEBとは何か】

 SEOをしっかりと理解する為にはWEBを理解する必要があります。WEBとはなんでしょうか。意外とWebの意味を理解している人は少ないと思います。

WEB=蜘蛛の巣 という意味です。

 世界中の情報をリンクし蜘蛛の巣のように無数にある情報をつなぎ合わせるものという意味でWEBと名づけられました。

 WEBはティム・バーナーズ=リー博士が発明しアドレスの頭につく、WWWはWorld Wide Webの略です。

 開発に至った背景としては、スイスの巨大研究機関CREN(セルン)にて、散漫している資料しているをまとめる依頼をティム・バーナーズ=リー博士が受けて開発できた物がWEBです。

 インターネットやWEBがない時代の研究者たちは資料室に足を運んで資料室の管理人に探している資料の場所を教えてもらっていました。これでは手間が莫大にかかっていましたし、必要としている情報を取るのにも莫大な時間がかかっていました。この情報を管理し、効率的に情報を取れるようにしたのが、ティム博士でした。

 彼は、情報のリンクをウェブで行うハイパーテキストを発明しました。

 Wikipediaなどで検索した際に知らない単語を押せば、その単語を説明したサイトに跳べると思います。このシステムの事をハイパーリンクと言います。

 この原形となるハイパーテキストという物を開発しそれ以来、情報と情報をリンクさせる事ができるようになったのです。

 HTML(Hyper text Markup Language)はこのハイパーテキストを使ったWebページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつの事です。普段、私たちがブラウザで観ているWebページのほとんどが、HTMLで作られています。

 

【URLとは】

 皆さんはWEBサイトのURLのクリックなどを誘導された事が一度はあるかと思います。ではそのURLとはなんでしょうか。言葉で説明すると、

 "URL(ユーアールエル)"とはインターネット上のホームページの場所をお知らせする住所のようなもの です。

URL=資料の置き場 というイメージです。

 

【HTTPとは】

HTTPとはWEB上の共通言語の事をいいます。

 HTTPは、 「Hyper Text Transfer Protocol」の略で、今やインターネットの代名詞となったWWW(World Wide Web)上でWebサーバとクライアントが、 HTML(Hyper Text Markup Language = Webページを記述するための言語)で書かれた文書などの情報をやりとりする時に使われる通信手順(プロトコル)を意味します。

 例えば私たちがレストランに行って欲しい物を頼むと欲しい物を提供してもらえます。しかし海外などで、欲しいものを注文した時にお互いに認識できる言語で注文しなければ欲しい物が提供される事はないと思います。このように通信(伝達)する際には共通の言語が必要であり、WEB上の共通言語がHTTPになります。

 

【ブラウザとは】

 皆さんはブラウザという言葉を聞いた事があると思います。ブラウザとは、WEBサイトを閲覧するために使うソフトのことをいいます。いま、あなたがこのページを見ているソフトが「ブラウザ」に当たります。

 もとになる英単語は「閲覧する」という動詞のbrowseでその名詞形であるbrowserが閲覧ソフトという意味になり、ブラウザと呼ばれています。 

 ブラウザは要求されたことに対して無数にある情報を整理して、見易い見せ方にしたり、整理の仕方などのデザインをする役割をしています。

WEBブラウザの情報整理の方法】

 SEOを効果的なものにするには、WEBブラウザというがどのように情報を整理して処理しているかを把握する必要があります。把握した上で、対策を打つ事でランキング上位に表示させる事ができます。

①クローリング

クローラーBotと呼ばれるコンピューターが無数にあるサイトをクローリングして、サイトの構成や文字の情報、ハイパーリンクやコンテンツやURLの有無などによってデータベースに入れる。

アルゴリズムによるランキング

Googleアルゴリズムによって表示順位によって、表示ランキングが変わる。

 

このような方法でGoogleなどのブラウザは情報を処理して行きます。

これらをうまく利用して過去に上位表示をさせていた悪い方法も存在していました。下記がその方法です。今ではブラウザのアップデートにより全く機能しなくなりました。

◆被リンクの大量生産:良いサイトと認識させる為に被リンクを貼りまくる→Googleが良いサイトと誤認識

ワードサラダ:検索ワードを不用意にサイト内に埋め込みクローラーBotに重要記事であると思い込ませる方法。

◆クローキング:クローラーに読ませる文と、読者に読ませる文を変えて検索上位に表示させる方法

◆隠しテキストと隠しリンクの埋め込み

 このような故意にBotを騙す方法をブラックハットといいます。しかしこのブラックハットは永久には機能せず、Googleのアップデートによって排除されます。即ち今まで検索エンジン上位に該当出来ていたものがある日突然消えるという事があ流のです。

 このような悪どいやり方をせずともGoogleの仕組みや真髄を理解してSEOをすれば上位は取れます。

Googleの検索システムの仕組み】

 Google程のインターネットブラウザを牛耳っている企業が、なぜオークションマーケティングをしないと思いますか?

 もしGoogleがお金を多く払った人や会社に対して上位に表示させるビジネスモデルを取っていれば、利益がめちゃくちゃ上がると思いませんか?しかしGoogleはそのような手法を取っていません。

 答えは簡単です。ユーザー第一に考えて有益な情報を提供したいからです。

 即ち、google検索の上位に表示させる為には、エンドユーザー(検索者)に良いと思われる評価をされる事が大事という事です。そしてSEOに重要な事も同じであると言えます。

 では、Googleはどのような記事をユーザーの為になる有益な情報であると判断するのでしょうか。その評価基準は大きく下記3つです。

①専門性:記事を書いた人に専門知識があるか

②権威性:コンテンツを作る人がそのジャンルに社会的に権威があるか

③信頼性:特商法の徹底さ・更新頻度・直接流入

があります。

 

それぞれ解説して行きます。

①【専門性=内部リンクが多い事です】

例えば、

 ライフスタイルメディア配信サイトと、ファッションサイト(特化)しているサイトを比べた時に前者の場合カテゴリが大きすぎると、内部リンクが生まれにくくなります。

 対して後者であれば、カテゴリを絞れている為内部リンクをつける事ができるようになり(冬服コーデ、季節ごとのコーディネート)、内部リンクが多ければ多いほど専門性が高い記事とみなされます。

②【権威性:この人の言う事なら信じると誰もが認めるWebサイトのこと】

 実際の世界においてしっかりとした実績(本の出版)や資格、免許があるかなどが重要です。

 権威性を上げるにはSNS運用を徹底する事が権威性を上げる事につながります。

 

③【信頼性=特商法の徹底さ・更新頻度・直接流入数】

 更新頻度や、直接流入検索や、ブックマーク登録からの流入が多いと上位検索に引っかかるようになっています。

 

SEO記事の書き方(全体構図(サービスの場合)】

◆サービスのメディア戦略

 LP(サービスの紹介ページ)を複数持ちそこに対し中カテゴリを設けてそれに対し複数の記事を書いていく事が重要になります。

画像1

 

◆記事製作順序(ロングテールキーワードの把握)

 ビックキーワードを検索する人を集客する狙うより、スモールワードに引っかかるキーワードを使い集客を狙っていき、SEOを実行していく事が重要です。

 その理由は、例えば、国内旅行というビックキーワードを検索していたとします。この大きいジャンルである国内旅行で検索される結果から旅行の予約をする人よりも、国内旅行 GW 熱海などの小さいカテゴリで検索した記事を使って旅行の予約をする人の確率の方が断然高いのです。

 このような理由から、ビックキーワードよりもスモールキーワードを使った方が検索に対して上位掲載される確率と、自分の商品やサービス購入や予約に繋がる確率が高くなるのです。

 

画像2

 

◆記事製作順序(ペルソナの設定+サジェストキーワードの使用)

 架空の人物ペルソナを作ってみて実際にgoogle検索をする(ユーザー目線に立つ)と実際にどのようなキーワードで検索しているかを把握する事ができます。

 方法としては至って簡単シンプルで、google検索エンジンに自分が描きたいジャンルのビックキーワードを実際にインプットしてみる事で、サジェストしてきたものをマイクロキーワードに使う事で、検索されているマイクロキーワードを使って効果的なSEO対策に繋がります。

【記事作成の際に注意すべき構成】

 ◆6W2Hでタイトル作成

SEOの為のPR用ブログ記事は6W2Hにそって書く事で読者に読んでもらいやすい記事になります。

・Who :例)現役マーケターが教える

・Whom :例)これからのマーケティングを学ぶあなたに

・What :例)マーケティングを覚える3つのコツ

・Why :例)上達するのに苦労したからこそ伝えたい

・Where :例)現場で役に立つ

・How :例)オンラインで週に30分で理解できるように

・How much :例)無料で教えます

のように、タイトルを作成する事で読者が読みたくなる

 

◆記事構成の必要条件

記事の構成には大きく5つのカテゴリを必ず入れる事が重要です。

①日付と更新日を入れる(更新頻度を上げる)

②ターゲットキーワードを入れる

③自分の視野を入れる

④読んだ後の未来像を入れる

⑤数字を必ず入れる

画像3

 

 以上がSEOを攻略する必須項目になります。

 この記事を読んでSEOを攻略しましょう。

このブログではビジネススキル、投資スキルを無料で学べる内容を発信しています。

記事が為になったと思ったらイイねとフォローをお願いいたします。

 

 

[http:// :title]

[http:// :title]

  • #SEO対策
  • #SEOライティング
  • #SEO上位表示
  • #SEO上位標準ノウハウ
  • #SEO対策方法
  • #SEO対策ブログ
  • #SEO対策HP作成