【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【株価暴騰企業が見つかる方法「割安株」の見つける方法とスクリーニング条件】毎日3万円稼ぐサラリーマン投資家が教える

著作権フリー 映像素材 動画素材 ビジネス グラフ データ 経済 金融 ...

 一旦買ってしまえば放置するだけで”値上がり益”に加えて、”配当金”や”株主優待”が受け取れるという魅力を持つ「割安株」です。

 「割安株」は「バリュー株」とも言われていますが、これを見つけるのは至難
の技です。米国約3500社を超える膨大な銘柄の中から、そんな大化け株や割安な成長株を一体どう見つければ良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 本日はその 「割安株」は「バリュー株」を見つける方法をお教えいたします。

 

【株のスクリーニング】

 割安な成長株を見つける有効な方法が株のスクリーニングです。株式投資で稼げるかどうかは、銘柄選びの段階で決まります。そのため、このスクリーニングの正しい知識や条件を知る事がバリュー投資成功への近道と言えます。

 このページでは、割安な成長株・大化け株を見つけるにあたって必要不可欠な5つのスクリーニング条件やファンダメンタルを組み合わせた割安株の見つけ方、オススメのスクリーニングツールをご紹介します。

 

 
有効なスクリーニング条件を知って、割安な成長株を見つけよう
割安株を見つける5つのスクリーニング条件
スクリーニング条件とファンダメンタルを組合せ、成長性のある割安株を見つける
割安株のスクリーニングに役立つオススメのツール3選
まとめ:投資のプロが厳選する「テーマ性」を秘めた割安な成長株を手に入れよう!
有効なスクリーニング条件を知って、割安な成長株を見つけよう

 

 私の株式投資は基本的に中長期保有して利益が出た際に売却するロングタームトレードをしています。このトレード手法の場合、成長が期待できる割安株を見つける事さえできれば、買ってしまった後は、基本放置で値上がり益を受け取れ、銘柄によっては配当金や株主優待といった、プラスαの利益も狙うことができます。預金をしている感覚で株を購入して保有しておくそれだけでいいのです。

 

 数々の旨味を秘めた割安な成長株を見つけるためには、その銘柄が持つ割安度だけでなく、将来的な成長性も見通す有効なスクリーニング条件を知る必要があります。まず、株のスクリーニングに関する基本的な事から、割安な成長株・大化け株を見つけるためのスクリーニングの条件とは何かについてご紹介していきます。

 株のスクリーニングとは、ひとことで言うと”銘柄をふるいにかけること”です。

 例えば、株式市場に上場する約3,500社の中から「配当金が多い株式」や「20万円以内で買える株式」といった条件をつけて、銘柄を絞り込むことを指します。

 スクリーニングを使えば、膨大な数の銘柄から欲しい株をひとつひとつ探す手間を省き、条件にあった株だけを誰でも簡単に選出するこ事が可能です。また、無料で何度でも利用でき、自由な条件で銘柄を発掘できることから初心者からプロに至るまで、すべての投資家にとって欠かせない銘柄選定の方法になっています。
 このスクリーニングを使う事で、割安株、バリュー株を見つけ出す事ができます。

【割安な成長株・大化け株を見つける条件は?】

 大化けが期待できる割安な成長株を見つけるには、企業の『業績』と『財務状況』、『割安度』を示す指標の、大きく三つの要素をスクリーニングの条件に組み込む必要があります。

 また、私が株式の購入をする絶対条件に、その株を購入する企業の業界の市場のキャパシティが5年から10年、20年後に拡大している可能性が極めて高い業界であるかどうかがあります。

 例えば、日本でのみ行っている外食チェーンの上場企業には私は絶対に投資はしません。日本人の人口は現在減少傾向であり、どれだけその企業が優秀で同業他社に勝って全体の牌を取れて行ったとしても、将来的に日本人が食べる総数は確実に減るのであって必要とされる外食チェーンも将来的には厳しくなると見込んでいるからです。市場が将来的に縮小する業界の企業は同業他社との牌の取り合いになってしまう為ジリ貧になって業績を上げていく事の難易度がとても高いのです。

 将来的に”成長性“のあるビジネスを展開しているかが重要な判断材料となります。

 

 『業績』、『財務状況』、『割安度』、『成長業界』というこの条件を含む銘柄は、まだ他の投資家に多くは目を付けられておらず、好調な業績にも関わらず割安な株価であることが広まるにつれて、中長期的な右肩上がりの上昇を描いていきます。

  では実際に、割安な成長株がどれほどの株価上昇を見せたのか、BtoB企業の代表格でもあり、年収が高いことで知られるキーエンス(6861)を例に見ていきましょう。

画像1

 キーエンスは、2011年には8,100円ほどの株価でしたが、2020年5月には44,000円にまで上昇しており、長きにわたって見事な右肩上がりのチャートを描いています。
もし、2011年に割安な株価だったことを見抜き、100株だけでも購入できていれば、

8,100円×100株=810,000円
44,000円×100株=4,400,000円
4,400,000円-810,000=3,590,000円

  なんと、3,590,000円もの利益を得られた計算になります。そして、キーエンスのように割安な成長株・大化け株を見つけるためのスクリーニング条件には、以下の要素が必要です。

◆市場からの注目度が低く、割安な株価
◆業績が好調で今後の成長が期待できる

 こういった条件を満たす銘柄を見つけるために、PERやPBRなどの指標を用いて株のスクリーニングを行います。次は、割安株を見つける5つのスクリーニング条件をご紹介します。

 

画像2

【割安株を見つける5つのスクリーニング条件】

 割安株を見つけるスクリーニングの条件に、「PER」という指標が有効なのをご存知の方も多いはずです。この他にも、企業の収益性や財務の健全性など、本当に割安な成長株を見つけるためには「PBR」や「ROE」、「配当利回り」や「自己資本比率」といった、総合的な視点による企業分析が必要です。

 本当に割安な銘柄を見つけるためには、どのような指標が有効でそれぞれの目安はどれ位なのか?割安株を見つけるための5つのスクリーニング条件をご紹介します。

 財務指標分析方法をもっと知りたい方は下記過去記事を読んでみてください。

 

 

earnmoneyfx.hatenablog.com

 

①PERが15倍以下

 PER(株価収益率)とは、株価が1株あたり利益の何倍になっているかを意味する指標です。上場企業株の平均PERが約15倍と言われていることから、株の割安度はPER15倍以下が目安とされています。

「株価÷EPS(1株あたり利益)」で求められるPERは、数値が高ければ多く買われていて、低ければあまり買われていないことを表しており、お買い得な状態で放置されている割安株を見つけるために使われます。

 例えば、EPSが500円、株価が5,000円のA企業とEPSが200円、株価が4,000円のB企業があったとして、どちらが割安か?を判断するためにPERを計算すると、

A企業:5,000円 ÷ 500円 = 10倍
B企業:4,000円 ÷ 200円 = 20倍

 つまり、A企業は1株あたり利益の10倍の株価、B企業は1株あたり利益の20倍の株価で売られているため、B企業より、がA企業の方が割安と言えます。このように、PERを比較することで、どちらの銘柄がよりお買い得か?が簡単にわかります。

 しかし一概にPERが低いから伸びる会社というわけでは決して無いので要注意です。
PERと共に財務分析をする事でその会社の財務状況を見極める必要があります。

 

 

②PBRが1倍未満

 PERと合わせて株の割安度を比較するために用いられるPBR(株価純資産倍率)は、株価が1株あたり純資産の何倍になっているかを意味する指標です。

「株価÷BPS(1株あたり純資産)」で求められるPBRは、投資した会社が解散した際、投資金額に対して投資家の元にいくら戻ってくるかを比べることで割安性を調べられます。

 基本的には、企業価値=株価となる1倍が基準とされており、PBRが1倍を下回っているということは、企業価値に対して株価が安いと考えることができます。そのため、株の割安度はPBR1倍未満がバリュー株の目安とされています。

 

  本来であれば1倍以上が当たり前のPBRですが、PBR>1の場合、あるいはPBR=1の場合、市場では高評価を得て本来の企業の価値よりも高い値段で株式売買が行われていることが分かります。株式購入には値段が気になるところですが、企業としては一定の評価をされており、期待されている企業であると認識できます。

 

※PBR1倍割れが意味すること

 では、PBR<1の場合はどのような意味が含まれているのでしょうか。PBR<1はの企業はその企業の本来の価値よりも安い値段で株を買えることになるので、割安であると考えることができます。ただし、赤字・業績悪化によってPBR<1となっている場合には、注意しながら分析しなければいけません。

 まずは、直近の業績だけを見るのではなく、会社四季報やHPにあるIR情報で中長期の業績を見て、赤字の原因、業績悪化につながった事故・事件などを把握しましょう。原因究明・対策は適切だったか、例えば製薬や食品の分野であれば、致命的なミスを犯して現在も製品の安全性が疑われているのかなどを判断することで、その企業の今後を予測し、投資判断に役立てられます。

 PBR<1は、割安の株であることに間違いはありませんが、その理由まで追求できるようになることがバリュー株の見極めにとても重要です。

 

ROEが5%以上

 ROE(株主資本利益率)とは、自己資本が企業の収益にどれだけ繋がったのかを示しており、企業の収益性を計る指標の事です。

 ROEが高いと、企業が投資家から集めたお金を効率よく使って、収益に結びつけられていると判断でき、投資家にとって経営が上手な企業と見られることから株価が上昇しやすい傾向にあります。

 標準的な企業のROEが3%前後で、5%を超えてくると自己資本を上手く利用している経営が上手な企業と評価されるため、目安はROE5%以上とされています。

 

自己資本比率が50%以上

 自己資本比率とは、企業の総資産に対しての自己資本の割合を表す指標です。

そもそも自己資本は、株主から集めた資金や会社の純資産を指し、返済する必要がありません。つまり、返済不要の自己資本が多ければ多いほど借金が少ない経営状態であることを表し、企業経営の安全度が高いということになります。

 もちろん、銘柄の割安さも重要ですが、どんなに割安な株式でも企業がつぶれてしまっては利益が見込めません。

自己資本÷総資産」で算出される自己資本比率が50%以上の企業は、投資家から財務が健全で倒産するリスクが小さいと見られるため、自己資本比率が高いと株価上昇の要因になります。

 

配当利回りが3%以上

 配当利回りは、購入した株に対して投資家が1年間でどれだけの配当を受け取れるのかを示す指標です。配当金とは、企業が利益を出した際、利益の一部を株主に還元するお金を表しており、株を保有している間は安定的に受け取ることができます。

 つまり、一般的な高配当の基準である配当利回り3%以上の配当利回りが高い企業の銘柄は、持っているだけで配当を受け取れるお得な銘柄です。そのため、投資家からの買い注文も集まりやすく、株価が上昇しやすい銘柄だと言えます。

 

【まとめ】

 以上が、バリュー株、急成長株の見つけるポイントになります。

 しかし、割安株を見つけるスクリーニング条件を設定し、絞り込んだ銘柄のすべてが大きな株価上昇が望める銘柄とは限りません。なぜなら、いくら割安でも好調な業績や今後伸びていくであろうビジネスを展開していなければ、今後の成長性が無く株価が下落して大きな損失を被る可能性があるからです。

 もちろん、誰もが儲けられる割安株を狙っている中、スクリーニングで機械的に絞り込んだ銘柄を闇雲に買うだけでは、利益を得ることはおろか、反対に損失を被ってしまう事も多々あります。

 私の投資先の企業を探す手法は、これらの他に、財務指標を加味して、買うタイミングをテクニカル分析で判断しています。

 証券会社が提供するツールや会社四季報を使えば、企業の業績(実績・予想)や財務の状況、専門家によるコンセンサス予想など、会社の経営状況を客観的に参照できます。

 最近ではコロナウイルスの影響で、株価が暴落した背景もあり、割安なバリュー株が増えているのは現実です。世界経済の動向を踏まえた上で企業分析を行い投資をする事で利益を得る確率が大きく上がります。

 このようなたくさんのファクターの中からバリュー株銘柄を見つけるのは少し難しい気もしますが、テーマごとにスクリーニングできるツールもあるので、成長性のある割安株を見つけるために活用する事をお勧めします。

この記事が為になったと思う方はいいねフォローをお願い致します。

ここで得た知識をOUTPUTして見てください!

行動のみが現実を未来を変えます。

ではまた!

 

[http:// :title]

[http:// :title]

  • #成長株
  • #バリュー株投資
  • #バリュー株
  • #成長企業
  • #バリュー株見つけ方
  • #財務分析活用法
  • #10倍株見つけ方