【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【知らないとヤバイ集客向上MEOマーケティングとその方法】サラリーマン投資家による

f:id:earnmoneyFX:20200607231639p:plain

 皆さんはMEOをご存知でしょうか?MEOは集客に最も重要(特に店舗)なマーケティングスキルになります。

 今回のこの記事はMEOのスキルが簡単に学べる内容になっています。マーケティングに困っている方、集客に困っている方、事業をされている方にはMEOの基礎を学べる内容となっています。

 それでは始めて行きます。

【MEOとは】

 MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称です。日本語に直すと地図エンジンの最適化です。

 オーガニック検索結果において、自身のWebサイトを上位表示されるよう最適化することの総称であるSEO(Search Engine Optimization)の地図バージョンだと捉えるとわかりやすいと思います。

 MEOはローカルSEOとも呼ばれています

 なぜMEOがマーケティングの中で最重要なのか。その理由は自動運転の発達発達があります。今後近い将来必ずと言っていいほど、この自動運転の技術が上がっていく事は間違いありません。その際にこのMEOをしっかりと取り組んでいないと、お客様のお店選択の選択肢に上がらなくなってしまうという事です。

 それだけではなく、現代社会でも日常でgoogle mapを使うユーザーは多くあり、車を運転している時に、ガソリンスタンドや、コンビニエンスストア、カフェなどの飲食店を検索でGoogle Mapを使う人は大多数です。ビジネスをするにあたって、このMEOをマスターする事は売り上げを上げる事、事業を継続させる事にとって最重要スキルなのです。

 集客スキルがビジネスにおいて一番重要なのです。

 例えばあなたが飲食店オーナーで世界で一番おいしいご飯を出しても、または、美容師で髪を世界で一番髪を上手に切る技術を持っていても、まずお客様が来ないとそのスキルは全く価値がありません。ビジネスの成功を左右させる根幹となるスキルがマーケティングや集客スキルです。

 

マーケティングの種類(クオリティマーケティング・オークションマーケティング)】

 マーケティングの種類には大きく2種類あります。クオリティマーケティングとオークションマーケティングです。

 ◆『オークションマーケティング』:ホットペッパー・グルナビ等

 高い掲載費を払えば上位に表示され、高い広告費を払えない中小企業、個人店舗は下位に表示される。予算の少ない中小、個人店舗が戦うのは厳しい媒体です。
代表されるのはホットペッパーやチラシ、紙媒体もこのジャンルになります。
 広告掲載が普通であり、莫大な数のHPが存在する現代社会において、高額な料金を支払わないと掲載が終了、もしくは上位に表示されなく広告の意味をなさない場合もあります。

 この『オークションマーケティング』をうまく利用できるのは体力や資産、広告費が多くがある大手企業のみといえます。

◆『クオリティマーケティング』:SNS Google

 クオリティマーケティングのメリットは

①費用がかからない

②資産となり常に集客効果をもたらす

大きくこの二つになります。

 SEOやMEOの掲載順位やフォロワーはその会社や個人の資産といえます。インスタ、MEO、SEO、ブログは、お金を払っても上位表示が約束されない広告です。
 企業よりも個人の方の方がフォロワーが多かったり、SEOも個人のブログの方が大手サイトよりも上位表示されることが多々あります。

 このようなクオリティマーケティングはその特徴から、中小企業や個人が大企業に勝つための戦略として使うべきマーケティングなのです。

 むしろこのクオリティマーケティングでMEOを使用しない事は敗北を意味するのです。

 

画像1

Google Mapについて】

 それではMEOの本題に入って行きます。MEOを成功させるためにはGoogle Mapを理解する必要があります。

Google mapでできる事

①AR機能(自分の目線と同じ映像を写す事ができる)

②通勤電車の車両の混み具合をリアルタイムで把握可能

③配車APと連携がされタクシーをGoogle Mapから呼べる

Google mapで予約可能に

 

Google Mapの特徴

①エリア+業種で検索するユーザーは74%はgoogle map(MEO)で検索している

→目的意識がはっきりしている最重要見込み客を集客でき、近日の売り上げに直結させる事ができる

EX)青山+美容院 で検索しているユーザーは近日青山の美容院を利用する可能性が極めて高く、MEOができていれば来店確率が高くなる。

 

②MEOの場合10位以内に入れば得られるマーケティング効果は絶大

 SEOの場合上位3位に入らなければ得られる効果がとても薄いが、MEOはSEOに比べユーザーが何店舗も見て比較する傾向があるため、絞られたエリアの中でトップ10に入れば、マーケティング効果が得られる傾向があります。SEOに比べMEOは競争の倍率が低いのも特徴です。

 MEOを効果的にするには、下記項目を気をつける事が大切です。

1.Mapにしっかり掲載されているか

2.コンテンツをしっかり作り込む

 (MEOは必ず他社と比較される為魅力的なページにする事が必要です。)

3.上位掲載(10位以内)

上位掲載させる具体的な方法は下記になります。

◆被リンクを増やす

◆メンションされる

◆HPのアクセスが多い

◆評価を多く受けているか

◆投稿を頻繁にしているか(投稿機能):google mapに店が潰れていない事を伝える為

 googleは被リンクの数が多いと有益な情報であると判断します。オンライン上でも、オフライン同様で口コミが多ければ多い程良い店であると判断される仕組みとなっています。来店されたお客様にネット上でいかに口コミを発信してもらう取り組みを施策として打つ事が重要です。

 

【MEO対策の為の分析】

MEOをより効果的にする為には3つの分析が重要になります。

①エリア分析:自分のビジネスのエリアにはどの程度の需要があるか、競合がどのくらい存在しているかなど

②競合分析:競合がどのようなキーワードを利用しているや、競合他社がどのようなサービスを行っているかなど競合を分析する事。

③キーワード分析:隠れたキーワードを探し出す事

 

【キーワード分析方法】

 MEOでとても重要なことにキーワード分析があります。競合がまだ対策していないMEOキーワード(対策していても弱いもの)を見つける為の分析です。

 当然のことですが、競合がいなければシェアを奪い合うということにならないため、ビジネスを有利に進める事ができます。

 MEOも同じで競合が対策していないキーワードは非常に狙い目になり、これはシェアを奪い合わずに済むことはもちろんの事、競合がいなければGoogleもあなたのGoogleマイビジネスを上位に表示する以外の選択肢がない為競合の少ない キーワードを見つける事はとても効果的です。

 また、競合がいたとしても、その競合のGoogleマイビジネスがただつくってあるだけなら狙い目といえます。

 このようなキーワードはなかなか見つかりませんが、もし見つかれば自社のGoogleマイビジネスを上位表示しやすくなりますし、そのキーワードのボリュームが大きいものであれば、露出が増えることにともない、知名度アップや集客向上を期待できます。

「地域+業種」のキーワードで検索してみて競合がいない、もしくはそれほど強くないときは、そのキーワードでの対策を前向きに検討してみましょう。

◆リスティングやSEOの広告費が高いもので、競合のGoogleマイビジネスが弱いもの

リスティングやSEOの広告費用が高いキーワードで競合のGoogleマイビジネスが弱い。

そのようなキーワードもMEOでは狙い目です。

リスティングやSEOの広告費用が高いということは、それだけそのキーワードが集客に向いている、もっというと売上につながりやすいキーワードということになります。

そのため、上位表示できれば集客数を大きく伸ばせる可能性があります。

そのうえ、競合のGoogleマイビジネスが弱ければ、自社のGoogleマイビジネスを上位表示しやすくなるため、大きなコストをかけずに集客向上を実現できるかもしれません。

以上のような理由でリスティングやSEOの広告費が高いもの、かつ競合が弱いものはおすすめキーワードといえます。

 

◆検索ボリュームが少ないキーワード

検索ボリュームが少ないキーワードもMEOで狙い目のキーワードです。

MEOに取り組もうとしている方のなかには、検索ボリュームが多いキーワードでの対策を検討している方は多いのではないでしょうか?

たとえば、「渋谷+イタリアン」、「恵比寿+焼き肉」などです。

これらのキーワードは上位表示できれば多くのユーザーの目に留まります。その点、とても対策効果の大きなキーワードといえるでしょう。

しかし、それは当然競合も狙っていること。検索ボリュームが多いキーワードは必然的に競合が多くなるため、上位表示までの時間・コストともに大きくなります。

そこで狙いたいのが検索ボリュームの小さいキーワードです。

たとえば、「渋谷+ボロネーゼ」「恵比寿+馬刺し」などがこれにあたります。検索ボリュームは少ないですが、それほど時間・コストをかけないでも上位表示を狙えます。

また、このようなキーワードはユーザーの意図が明確なので、上位表示できれば検索ボリュームが大きなキーワードより集客につながる可能性を高められます。

検索ボリュームが少ない=来店見込みが濃い?

さきほどの例をもう少し掘り下げてみましょう。

たとえば、「渋谷+イタリアン」と検索する人と「渋谷+ボロネーゼ」と検索する人、どちらが来店の見込みが高いでしょうか?

弊社では「渋谷+ボロネーゼ」のほうが見込みは高いと考えています。

「渋谷+イタリアン」で検索する人は、「イタリアンにしようかな?イタリアンってこの辺にあるのかな?んーでも和食もいいな」と、まだ意図が明確ではないと推測されます。

しかし、「渋谷+ボロネーゼ」と検索する人はすでに料理名まで決めていることから意図が明確であると考えられます。

ユーザーは比較・検討の段階までモチベーションがあることから、自社の店舗に興味・関心を寄せてもらえれば集客につながりやすくなります。

つまり、検索ボリュームが少なくても上位表示することに価値があります。

「渋谷+イタリアン」のような検索ボリュームの大きいキーワードは、その特性によってGoogleマイビジネスの表示回数が多くなります。しかし、来店数が少なめな傾向があります。

一方、「渋谷+ボロネーゼ」のような検索ボリュームの少ないキーワードは表示回数こそ少ないですが、成約率が高く来店数が多くなりがちです。

このことからも検索ボリュームが少ないキーワードはユーザーの来店見込みが高いといえます。

このようにしてMEOに取り組む事で集客やマーケティングに繋がって行きます。

いかがだったでしょうか。MEOマーケティングについてのこの記事がいいねとフォローをお願い致します。

それではまた!!

[http:// :title]

[http:// :title]