【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【金融危機株価大暴落の歴史 歴史は繰り返される】6ヶ月で資金250%で運用中のサラリーマン投資家による

5,355 フリーメイソン Pictures, Photos & Images

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 皆さんはこの言葉を聞いた事はありませんか?

鉄血宰相と呼ばれたオットー・フォン・ビスマルク(1815年-1898年)の言葉です。直訳は、

「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。
私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む」です。

 この言葉の意味は、何かを判断するとき、自分の経験則だけに頼るのではなく、
他者も含めた過去の歴史に学ぶことでより良い判断ができる、という事です。

 2020年3月にコロナウイルスに伴い、世界各国の株価が大暴落起こしたコロナショックが起こり、現在は株価を戻していますが、コロナウイルスの第二波がくる懸念から、市場ではコロナショックの第二波が来るのではのか、という様々な憶測が飛び交っております。


 今回の様な経済の大暴落、金融危機は約 10年に一回のスパンで起こっており、ちょうどリーマンショック東日本大震災から約10年の現在に株価の大暴落を起こしたのは必然であったとも言えます。今後の株価の予想をするに当たって過去の歴史を知る事はとても重要な事です。

スクリーンショット 2020-06-28 11.46.12

 

 歴史を学ぶ事で次に来る危機やトラブル、問題を回避することもできます。本日は大暴落の歴史について記事を書いていきます。

【大暴落の歴史】

 コロナウイルスによるコロナショックの様な株価大暴落は幾度もあります。
 大暴落の歴史を語る上でかかせないのがバブル経済です。バブル経済は、急激に株や土地などが高騰して、最終的に崩壊する経済の事です。以上な暴騰を経た後に最終的にバブル崩壊を起こすので、そこで大暴落が起こります。以下は有名なバブルと暴落です。

◆1637年2月3日:チューリップバブル

◆1929年10月24日:ウォール街大暴落(世界恐慌

◆1987年10月19日:ブラックマンデー

◆1990年1月:日本のバブル崩壊

◆2000年3月:ITバブル(インターネットバブル)崩壊

◆2008年9月:リーマンショック

 

チューリップバブル

画像2


 世界で最初のバブル経済と大暴落は、1637年にバブル崩壊した「チューリップバブル」です。現在のオランダで起こったチューリップの球根への投資が行き過ぎたことが要因となり、チューリップの球根が一般の人の年収20倍等の高値になりました。 取引としては、先物取引になっており、来年収穫するチューリップの球根を予約購入を手形で決済している形です。

 チューリップバブルの崩壊は、1637年2月3日に突然起こり、球根の価格が6週間で10分の1になり、最終的にはバブル前の価格に落ち着きました。

 チューリップバブル崩壊の影響はというと、オランダ経済にほとんど与えなかったことでも有名です。一般的にバブル崩壊後は経済の停滞を招きますが、例外的にチューリップバブルでは個人レベルでの少数の破産者と成金を生み出しただけで終わっています。
チューリップバブル」は、イギリスの南海バブルとフランスのミシシッピ計画と並んでヨーロッパ3大バブルといわれています。

 現代で言う、ビットコインバブルとよく似た感じです。チューリップの球根であろうが、ビットコインであろうが、どの様な商品でも投資対象になり、需要が供給を大きく上回れば、バブルは発生しいつか弾けて適正価格に落ち着くと言う事です。

 この様なバブルは人為的に操作されていると言う噂もある為気をつけないといけないですね。

 

ウォール街大暴落(世界恐慌)】

画像3

 おそらく、史上最も有名な株価の大暴落が「ウォール街大暴落」だと思われます。
 アメリカの株価が徐々に上昇し、第一次世界大戦の好景気の影響で1928年から1929年にかけて急激に上昇しアメリカに株式投資ブームが起きました。

 NYダウは、1929年9月3日に最高値をつけたがその後下がり始め、ついに大暴落の最初の日10月24日(木曜日)「ブラックサーズデー」を迎えます。その後、10月28日(月曜日)「ブラックマンデー」、10月29日(火曜日)「ブラックチューズデー」で10%以上の下げを見せ、株価崩壊が起こりました。この連続的な 10%以上の下落が連日続いた事により大不況に陥りました。

 NYダウは、1930年に一旦上昇しますが、世界的不況の世界恐慌に入り、1932年7月8日まで下落。 41.22という史上最安値を付け、最高値から89%もの下落をしています。
※注:ウォール街大暴落が大恐慌を引き起こしたかどうかは、諸説あり、定かではありません。

 

ブラックマンデー

画像4


 ブラックマンデーは、1987年10月19日に起こった世界的な株価の大暴落です。 NYダウが、先ほどのウォール街大暴落を上回り、22.6%下落しました。 日経平均株価は、14.9%下落しています。東証1部の約49%の銘柄がストップ安になり、下落幅歴代1位となっています。

 しかしブラックマンデーは、単体の下落としては下落幅歴代1位ですが、その後の下落局面を伴わず、徐々に上昇。 ブラックマンデー発生時の株価に1年10ヶ月ほどで戻っています。

 これは、世界恐慌を併発したウォール街大暴落時、株価が戻るのに33年ほどかかっているのとはかなりの期間の開きがあります。

画像5

 ブラックマンデーの原因は、さまざまな要因が絡み合って起こったといわれています。

 ブラックマンデーの引き金を引いたのは西ドイツの利上げであるとの指摘や、ルーブル合意の協調政策の破綻が原因であると見る考察などがありますが、実際のところは分かっていません。1980年代初頭の米国の双子の赤字問題に原因があるとの見方もあります。また、金融工学を使ったプログラムでの自動売買システムにより拡大したという話もあります。

 ブラックマンデーの発生により、米国では1988年に金融市場において価格の急変時に、一時的に売買を停止させ、冷却時間を置いた後市場を再開する制度「サーキットブレーカー」が設けられました。日本でも東京商品取引所、大阪取引所の先物・オプション市場において導入されています。

 ブラックマンデー発生後、当時の日本では、金融緩和政策によって世界同時株安から素早く立ち直ってバブル経済へと進んでいきます。当時の日本経済はとても力強かったのが歴史からも伺えます。

 

【日本のバブル崩壊

画像6


 バブル崩壊の時期は諸説あり、1990年3月27日の不動産融資総量規制が発表された日だったり、景気動向指数上では、1991年3月だったりとありますが、ここでは、株価が下がり始めた1990年1月をバブル崩壊の時期と定めてご説明します。

 日経平均株価は、1989年12月29日に最高値38,957.44円、終値38,915.87円を付けましたが、1990年10月1日に一時2万円割れを起こし、わずか9ヶ月で約半分まで下落しました。 日本のバブル崩壊は、日本独自の事情によるものなので、世界的な株安などは引き起こしておらず、同じ時期のNYダウは、堅実に上昇していました。

 この時のNYダウは、バブル崩壊の時期で2500ドル、1993年時点では、3400ドル程度。 現在の17000ドル台と比べると6分の1程度であることを踏まえると、いかにNYダウが順調に上昇しているかがわかります。

 一方、日経平均株価は、1989年12月の最高値からアベノミクスで上昇し、コロナウイルスで大暴落をしたけども、現在では回復を見せ、現在の23000円台になっていますが、当時の過去最高株価と比べても59%程度しか回復しておらず、成長どころかまだまだ回復していない状態です。

 日本のバブル崩壊後は、失われた30年といわれている事を日経平均株価で実感できます。

画像7

 当時の日本経済は世界優良企業ランキングの上位を日本企業で独占すると言う過去最高の景気であったのも史上最高値をつけた要因です。日本経済がいかにイケイケだったかを物語る数値です。

画像10

 

【ITバブル(インターネットバブル)崩壊】


 ITバブルとは、1990年代後半にアメリカでIT関連企業への投資が高まり、株価が大きく上昇した事を指します。 マイクロソフトWindows95で大ヒットをしパーソナルコンピューターが広く普及されたこの時期、有名IT起業であるマイクロソフトamazon、AOLの時価総額が話題となりました。

 ITバブル崩壊は、日本では、2000年3月の光通信の連続ストップ安から始まったと思われます。 アメリカでもナスダック指数が2000年3月では高値の5132ポイントをつけましたが、その後は下落を続け、2001年9月には1300ポイント台まで約70%も下落しました。

 2003年まで日米両方の株価が下がり続け、日経平均は2万円から7000円台へ、NYダウは11000ドルから7000ドル台へそれぞれ下落しています。 アメリカは、ITバブル崩壊のさなかの2001年9月11日に同時多発テロが起こり深刻な不況に突入した事が、株価が一層下落した原因です。

 

リーマンショック

画像8


 実際に株価が落ち始めているのは、サブプライムローン問題(サブプライム危機)が起こった2007年からで、アメリカは10月から、日本は7月から株価の下落が始まっています。
 2007年から徐々に下落していき、リーマンショックが起こった2008年8月から下落が加速。

 日経平均は9月25日に12006.53円だった終値が、10月8日には9203.32円と1万円を割り込むまで下落、NYダウも9月26日には11143.12988ドルだった終値が、10月9日には8579.19043ドルと9000ドルを割り込むまで下落しました。

画像9

 

【まとめ】

 いかがだったでしょうか。歴史的にみてもコロナショックの株価の戻り方が早すぎるという事に気付いた方はいらっしゃるでしょうか。

 基本的に大きな金融危機の株価の暴落から回復するには早くて数年かかるのが普通です。私の考えでは、コロナウイルスの第二波と、株価暴落の第二波は来る可能性が高いと考えています。

 金融緩和の影響で長い目で見て株価は上がると考えますが、短期的にはもう一度下落はしていくと考えます。

 皆さんも経済の歴史を学んで、自分のトレードのシナリオを立ててみてください。私は歴史は繰り返されるものであると考えています。皆さんはどうお考えですか?

ではまた!!!

FXのコンサルをしておりますのでトレード手法の改善をしたい方はぜひご連絡を下さい。ではまた!!

 

[http:// :title]

[http:// :title]