【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【機関投資家について知れば株価を予測できる?】月利25%で運用するサラリーマン投資家が教える

f:id:earnmoneyFX:20200714195833j:plain

 本日の記事は機関投資家のポジショニングを把握し、暴騰暴落を予測する方法についてお教えいたします。機関投資家とは何か、については昨日の記事を見て下さい。

 

earnmoneyfx.hatenablog.com

 

  本日の記事を見る事で暴落暴騰の予測でき株式投資で爆益を狙う事ができます。

機関投資家とは】


 機関投資家とは、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、普通銀行、信用金庫、年金基金、共済組合、農協、政府系金融機関など、大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口投資家のことをいいます。

 一般的に機関投資家の特徴としては、あまり短期間での売買をしないのが通常です。優良企業の株をじっくりリサーチしたうえで買いの判断を下し、長期的な企業の成長や経済の状況を見ながら運用し、上昇トレンドに乗り始めるとまとまった資金で買い足していくというスタンスの機関投資家もたくさんいます。また、下降トレンドになれば機関投資家の大量の売りが出たりします。そういう機関投資家の動きは、出来高を見るとよく表れています。大きな株価の値動きが起こっている際には決まって出来高が増加しています。

 私達、個人投資家出来高を参考にすることで機関投資家の売買タイミングを計ることができます。

 

東京証券取引所の株式の8割は機関投資家保有

 

 なぜ機関投資家の動きが株式投資、FXにおいて重要になるのでしょうか。その理由としては、東京証券取引所東証)の株式の8割以上は機関投資家保有しているからです。下記のグラフでいけば個人投資家は株式市場にたった17%しかいないのです。

 その中で外国人機関投資家保有割合は3割ほどです。ヘッジファンド等で日本の株式・債券を利用しています。現在、外国人機関投資家の売買は市場全体の6割ほどを占めており、この株式市場の過半数以上を占める割合から、株価や債券価格を動かす大きな原動力になっているのは明白です。

画像1

 この通り、個人投資家の割合は2割もありません。機関投資家の動きが市場に大きな影響力があるのは紛れもない事実であり、個人投資家が束になってかかっても株式市場の値動きにはさほど影響が出ない事が分かります。即ち、機関投資家が株価を動かし、その株価の動きについていく事が私たち個人投資家がかつ唯一の方法と言っても過言ではないのです。

 この様な理由から、機関投資家の動きを知ることは、相場で勝つ上で外せないのです。

 では、どうすれば機関投資家の動きを知ることが出来るのか、本日の本題を解説していきます。

 

機関投資家空売りポジションをみる】

画像2

 

 外国人機関投資家としては、JPモルガン証券やゴールドマンサックス、日本の気か投資家だと野村證券などがあります。年金運用基金GPIFもこの機関投資家に属します。

 米国のヘッジファンドは、3か月ごとに米国株式のポジションを開示しないといけないとい規則があり、どの様な株式を保有しているかは調べると分かります。

 そういう機関投資家空売りポジションを見ていきます。

例えば、ゴールドマンサックスやJPモルガンチェイスなどの現在の空売りポジションはこちらのサイトを見ると分かります。

スクリーンショット 2020-07-14 17.44.26

https://irbank.net/short/281

この「空売り機関の情報」の下に「空売りポジション」が出てきます。

どんな銘柄を空売りしているのか、その株式数まで分かります。

 

機関投資家保有銘柄の把握方法】

 例えば3053ペッパーフードサービスは7月13日時点で750,073株保有しています。このペッパーフードサービスはコロナショックによって大きな赤字を出しており、今後の経営を疑問視されている企業です。

スクリーンショット 2020-07-14 17.50.29

 

 

【個別銘柄における空売り情報の判断方法】

 

①個別銘柄機関投資家空売り情報の確認

 個別銘柄3053ペッパーフードサービスを例にとり話をしていきます。

https://irbank.net/3053/short

この銘柄はJPモルガンも含めて複数の機関投資家が入っています。

スクリーンショット 2020-07-14 17.55.54

上記の円グラフをみると保有比率の高い順に

GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL
モルガン・スタンレーMUFG証券
Nomura International plc
Integrated Core Strategies (Asia) Pte. Ltd.
Credit Suisse AG
となっています。

 

空売りポジションをみて、ここに書かれている保有株式数を足してみます。

GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL :750,073株
モルガン・スタンレーMUFG証券     :286,148株
Nomura International plc       :240,200株
Integrated Core Strategies (Asia) Pte. Ltd. :185,417株
Credit Suisse AG            :116,700株

 

約170万株の空売りが入っていることになります。

この大きな空売りは、売り仕掛けでありいつかは必ず買い戻してきます。

 

②同銘柄の信用買いの情報をチェック

同じく3053ペッパーフードサービス信用取引情報を見ていきましょう。

https://irbank.net/3053/margin

スクリーンショット 2020-07-14 18.07.14

 

 売り残高は134,400株。(←ここであれっと思いますよね?ひとまず置いといてください。)

信用で買っている人はいつかは売らないといけません。

信用買いしている人は個人投資家が多いと予測されます。

このまま株価が大きく下がれば追証になり手放さないといけなくなります。

そうすると一段と下げ幅が大きくなっていきます。

そこを機関投資家は待ち構えていて、ぶつけてくる可能性があります。

しばらくは株価が上下に激しく変動する展開になりそうですね!

 

信用取引情報は間違っているのか?

 信用取引情報には売り残高は133,400株とありました。

 機関投資家は200万株ほど売ってきているのにおかしいですよね。

 これにはからくりがあって、ペッパーフードサービス機関投資家でないと空売りできないのです。不公平ですよね…。笑

即ちここには個人投資家の分だけが掲載されているということになります。

個人投資家が基本的に行う空売りは「制度信用取引」です。

ペッパーフードサービスはそれが出来ないのです。

この133,400株は「一般信用取引(1日)」でやっている分です。

個人投資家信用取引ができるかどうかは、楽天のマーケットスピードを見れば分かります。

「制度信用」は「ー」と表示されていますね。

「信用売」「信用買」の株数も最新ではありませんのであまりここは参考にせずに、irbank.netをチェックすることをお勧めします。

いかがでしたでしょうか。

 

【まとめ】

 機関投資家空売りのポジションを把握すれば、株価の値動きの仮説を立てる事ができますよね?これを利用した上で勝負すれば勝つ確率は確実に上がります。

 個人投資家は相場において一番不利な存在です。当然個人投資家が束になっても株価は動かすことはできません。ならば、機関投資家の動きを把握して、その波に乗って利益を上げるしかありません。

 その精度と確率を上げるために機関投資家の動きは把握しておいて損はありません。自分が所有する銘柄、取引予定銘柄の機関投資家の動きは把握しておきましょう。

 この機関投資家の動きを考慮してトレードをすることは株式投資で勝つ為の近道です。皆さんも実践してみましょう。

ではまた!!

 

[http:// :title]

[http:// :title]