【サラリーマンの所得倍増計画】毎日3万円を稼ぐサラリーマン投資家ゑびす知識共有

FX 株式投資 仮想通貨 サラリーマン副業に役立つ情報や考え方を発信します☆

【お金の流通量の増減を理解すれば為替を予測できる ソロスチャート使用の相場予測】半年で資金250%で運用のサラリーマン投資家による

f:id:earnmoneyFX:20200731182356j:plain

皆さんはお金の流通量について知識はありますでしょうか。この知識をモノにして投資に応用する事で投資で勝つ確率を格段に上げる事ができます。

 2国間の貨幣の流通量を比較し、チャートに示す事で、通貨の割安割高を予測できるのです。そのチャートをソロスチャートといいます。今回は特にFXで利用されることの多い、このソロスチャートを利用して為替の暴落、暴騰を予測する方法、また今後の指数予測について記事を作成していきます。

【為替を予測できる?ソロスチャートとは】

◆ソロスチャートとは

 ソロスチャートは、現在の3本の指に入る、伝説の投資家として知ら、ヘッジファンドの運用で名を馳せた、ジョージ・ソロス氏が考案したチャートです。

 彼は『イングランド銀行を潰した男』という異名を持っており、アベノミクスで世界一儲けた投資家とも呼ばれています。

 

 彼が考案したこのソロスチャートの特徴は、お金の供給量と為替相場にはある程度の相関関係があることに着目した点です。具体的には日米のマネタリーベースの比率と為替相場を一つのチャートにプロットするというモノです。

 お金の供給量は毎年増えていますが、その増え方はその時の政治や、金融政策、経済状況によって各国バラバラです。

 例えば、日本の貨幣の供給量を見てみましょう。下記画像の青色の右肩上がりのグラフが日本のお金の供給量(M2)のグラフになります。コロナショック対策の国債の購入額を無制限にする金融緩和の決定から、グラフの傾きがほぼ垂直に近い動きをしています。

スクリーンショット 2020-07-26 12.19.12

 単純に考えてみてください。

 例えば、お金の量が50%増えたA国の通貨と、お金の量が10%増えたB国の通貨がある場合、どちらの通貨が高く、どちらの通貨が安くなるでしょうか。(その他比較前提は一緒とする)

 基本的には流通量が多くなれば、物(現金)の価値は下がります。

 即ち今回の例で言えば、50%お金の流通量が増えたA国の通貨の価値が大きく下がったので通貨安に、反対にA国に比べお金の流通量が増加していないB国の通貨の価値がA国の通貨に比べ増加率が少なく、価値が維持できている為が通貨高になると考えられるのです。

画像6

【ソロスチャートの使い方】

 下の図は日米のマネタリーベースの推移を表にしています。2014年8月頃を境に日銀のマネタリーベースが米国FRBのマネタリーベースを大きく引き離している事がわかるかと思います。2014年という年は第三次安倍内閣の発足と同時にアベノミクス3本の矢の政策の中にあった日銀の量的緩和と同時期になります。このタイミングから日銀は大量の紙幣をする様になり、円安、株高へ強行的に誘導したのです。

 このグラフから読み取れる事は2014年頃から、日銀の通貨の供給量の増加量ががアメリFRB通貨供給量の増加量を大きく上回っていたと言うことが言えます。そしてその結果、日本円は2014年を境に円安方向へ動いていきました。

スクリーンショット 2020-07-28 23.02.03

 

 しかし、注目すべきは2020年の3月から6月のグラフです。この時期はコロナウイルスの影響により、コロナショック が始まり、金融緩和を世界各国が行なった時期になります。直近のコロナショック時からは、急激にFRBのマネタリーベースが跳ね上がっています。これはFRBの無制限金融緩和政策によって跳ね上がっている事がわかると思います。これは米国のほうが通貨供給量を増やし金融が緩和的になっていることを示していますので、いっときに比べるとマネタリーベースの差がなくなってきているという事が分かります。

 即ち、今後も円高に動く可能性が高いと予測ができるのです。私の予想では102円程度まで円高に振れる事を予測しています。

(現に2020年7月30日現在1ドル105円台で推移)

 今後のマネタリーベースの増加率は目を離せませんね。

 テクニカル分析も加味して中期的に予測すると、ドル円は下落方向(円高)、S&P500も下落、日経も下落と私は予想しています。恐らくコロナショック 第二派の影響が株価、為替共にそろそろ来ると考えています。

 いずれにせよ、先ほどのグラフをみた通り、現在の通貨円、ドル共に市場に溢れており、行き場を失っているのは事実です。これだけの供給量が急激に増加しているので当然通貨の価値は暴落している事が考えられます。

 即ち、現金と交換できる物の価値は全て上がっています。実際に金の価格は過去最高をつけていますし、ビットコインも上昇トレンドに突入、NASDAQも過去最高と貨幣の価値が大きく減っている事がわかると思います。

スクリーンショット 2020-07-31 14.04.57

スクリーンショット 2020-07-31 14.03.57

スクリーンショット 2020-07-31 14.02.39

 世界各国の金融機関が貨幣を発行しまくるこのこのトレンドが終わるまではしばらく上記銘柄は確実に上昇すると思います。

 いずれにしろ長期的には常に投資のタイミングです。信じるか信じないかはあなた次第です。

 まだ投資を始めていない人は資産の目減りを指を加えてみているのと同意であるとは私は思っていますが。皆さんはどうお考えですか?

 ではまた!

[http:// :title]

[http:// :title]

 

 

  • #仮想通貨予測
  • #金価格予測
  • #ソロスチャート予測
  • #投資予測ソロスチャート
  • #投資見通し通貨供給量